男女間のマインドコントロール

男女トラブル

男女間のマインドコントロール

マインドコントロールとは
マインドコントロールとは、あらかじめ決められた結論へと誘導または強制する技術、またその行為のことで、詐欺師などはこの様な手法を用いて相手を騙しいている者もいます。
どのような心理的要素を用いるか
・先入観による思い込み
・後悔を避けようとする心理
・現状が最も良いと思い込む心理
・習慣放棄の不安感
・閉鎖集団内における思考力低下
・恐怖心
・優越感
などの人間の心理を利用し、目的へ誘導をしていく。
マインドコントロールは一人、あるいは少数の人間を、多数の人間で取り囲み寄って集って避難または説得する。通常人間は一対一ならば冷静な判断が出来たとしても、多数で精神的に追い詰められた状況の中では冷静に判断ができなくなる。
また、長時間一緒にいることで精神的に依存させ、その状況から逃れることに不安感を覚えさせたり、自己のその場の必要性を感じさせる。特にこれは「ヒモ」と呼ばれている者に多い手法である。
また、マインドコントルールどのような人でもかかっているのが当たり前で、マインドコントロールをしているのも当然でただ犯罪目的や、悪意を持って行っていないだけである。
男女トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。
男女トラブルでお悩みなら探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。あなたの力になります。

男女トラブル解決なら  

探偵アンバサダー調査事務所岡山

相談ダイヤル 086-226-1099

歪んだ愛情 男女トラブル

恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます

独占欲

マンションで、女性が約1週間監禁された。逮捕された容疑者は知り合いだった女性に面会を拒否され、一方的に思いを募らせていった。女性を全裸にし、両手足を結束バンドでしばるなど異常さが際立つが、食事や入浴はさせていたという。「会いたい気持ちがどんどん強くなった」。

20歳以上も年の離れた女性に向けられた男の歪んだ“愛情”が犯行へと駆りたてていった。     路上で、消え入りそうな声が通行人の女性の耳に届いた。 路地に面したマンションの1階から発せられた被害女性の必死の叫びだった。通行人の女性はすぐさま110番通報。駆けつけた警視庁署員がベランダから室内に踏み込んだ。 女性は全裸で手足を結束バンドで縛られていた。

バンドからはワイヤが伸び、クローゼットにくくりつけられ、行動を制限されていたことは明らかだった。 目立った外傷や衰弱などはなかったが、署員は女性を病院に搬送。部屋の借り主の渡辺容疑者が関与したとみて、監禁容疑で行方を追った。

発覚から約7時間後の、同署に男の声で「出頭したい」と電話があった。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。