取り調べ可視化

取り調べ可視化

取り調べの可視化は必要なことである。数十年前の取り調べはひどいものもあったことを知っている。声を荒げ恫喝していたのも事実である。
様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。
捜査機関による取り調べを録音・録画し、行きすぎた捜査や冤罪を防ぐため後からチェックできるようにすること。日本弁護士連合会が導入を強く求めてきた。富山県で無実の男性が虚偽の自白で刑に服した事件や、鹿児島県議選をめぐる選挙違反事件で被告12人全員が無罪となったことをきっかけに、一段と活発に議論されている。
最高検は2006年夏から、一部の事件の取り調べで録音・録画の試行を始めた。
09年に裁判員制度が始まるのを見据え、裁判員に分かりやすく、かつ迅速に捜査段階の自白が任意だったことを立証するための「武器」として有効だと考えた。
自民、公明両党は3日、検察や警察による取り調べの録音・録画(可視化)の義務付けなどを柱とした刑事司法改革関連法案について、今国会成立を見送る方針を固めた。関連法案は、8月に与野党の修正協議が整い、衆院を通過。しかし、民主党などが人種差別撤廃施策推進法案(民主、社民両党など提出)を先に成立させるよう主張し、調整がつかず、刑事司法改革関連法案は参院での審議が進んでいなかった。秋の臨時国会で成立を目指す。
 
関連法案は他に、容疑者や被告が他人の犯罪事実を明らかにする見返りに起訴を見送ったり求刑を軽くしたりする「日本版司法取引」の導入や、通信傍受の対象とする犯罪の拡大も規定。成立すれば、刑事司法制度を転換する一大改革となる。
衆院で自民、公明、民主、維新4党が、司法取引と通信傍受の適正運用を担保する法案修正を行い、8月7日の衆院本会議で与野党の賛成多数で可決、参院に送付した。
 
一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。