岡山 GPS発見調査 GPS追跡発信機発見調査

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。

クライアントの抱える居場所の特定、GPSトラブルの悩みを解決してきました。

警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

GPS発見調査には、当社の調査手順があり、それののっとって調査を開始します。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、無料のサービスをクライアント以外には行うことはありません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

岡山 GPS発見調査 GPS追跡発信機発見調査
岡山 GPS発見調査 GPS追跡発信機発見調査

岡山 GPS利用目的

GPS(グローバル・ポジショニング・システム)ですが、自分の現在位置を知らせてくれる機能として知られています。画面上の地図を見ながら移動するとき、現在位置を示す。GPS機能により現在位置が常に特定できる。

グローバル・ポジショニング・システム Global Positioning System, GPS、全地球測位システムとは、アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システム地球上の現在位置を測定するためのシステムのことを指す。

GPSは様々な目的で利用されています。

航路システムの向上、科学技術、研究開発、また、防犯、軍事用途、個人携帯用、ゲーム・スポーツなど趣味のみならず、軍事、密漁船の航行、密輸船の違法取引行為、またストーカー目的など悪行に使用されていることもあます。

位置情報の追跡は、地球上の位置を測定するために打ち上げられた「GPS衛星」で、現在24機の衛星が稼働しており、地球の上空2万200kmの軌道に沿って旋回しています。

GPSの利用目的

GPS機能を通して特定の人物の行動を把握すること。それ以外にないのです。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 GPSとストカーの現状

当社のストーカ対策での、GPS発信機発見調査での装着率はごくわずかです。ストーカーは居場所の特定だけでは満足できないということが理由でしょう。

探偵は、証拠を求められている為、GPSに頼った調査は当社ではしないと同じで、ストーカーの目的は居場所の特定ではないのです。

GPS証拠

岡山 GPS発見調査 GPS追跡発信機発見調査
岡山 GPS発見調査 GPS追跡発信機発見調査

GPS衛星からの信号には、衛星に搭載された原子時計からの時刻のデータ、衛星の天体暦(軌道)の情報などが含まれている。GPS衛星からの電波を受信し、その発信時刻を測定し、発信と受信との時刻差に電波の伝播速度(光の速度と同じ30万km/秒)を掛けることによって、その衛星からの距離がわかる。
大阪府警が裁判所の令状を得ずに捜査対象の男や知人女性の車に衛星利用測位システム(GPS)端末を付けて得た資料を裁判の証拠にできるかが争われた広域窃盗事件の公判で、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)は5日、関連の収集証拠を採用しない決定をした。

刑事訴訟法にはGPSの運用に関する直接の規定はない。過去の司法判断では大阪地裁の別の裁判長が関連事件の公判で今年1月に「違法ではない」との判断を示しており、結論が分かれた。

地裁は不採用の理由について「今回のGPS捜査はプライバシーを大きく侵害し、強制処分に当たる」とし、令状なしでの収集を違法と判断した。

岡山 GPS発見調査 GPS追跡器発見調査

下記のような、状況を感じたらGPS発見調査、GPS追跡器発見調査を依頼してください。

  • 誰かに監視されていると感じる
  • 誰かに尾行されている
  • 昨日の行動が何も話していないのに筒抜けになっている

上記のような事を感じることがあるなら、GPS発見調査、GPS追跡器発見調査を依頼してください。

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出しGPS発見調査、GPS追跡器発見調査を依頼するしか選択肢は無いのです。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。GPS発見調査、GPS追跡器発見調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

トラブルや悩みは、一日でも早く解決し、日常を取り戻していくことが人間として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。私共は、トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんなトラブルやお悩みのごを解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

携帯GPS捜査利用の課題

私個人の考えでは、もっと早くこの様なことは捜査機関は活用すべきであったと思います。遅いぐらいです。
いまや携帯電話のサービスに、GPS情報は欠かせない存在だ
天気予報や地図アプリはもちろん、FacebookといったSNSなど、多くのサービスで活用される携帯電話のGPS(全地球測位システム)位置情報。この「あなたが今どこにいるか」という情報を、本人への通知なしに、捜査機関が利用できることになりそうだ。

位置情報を用いた捜査の規定は、個人情報保護に関するガイドラインに、2011年の改正で加えられた。「位置情報が取得されていることを利用者が知ることができるとき」という文言が記載され、事前に本人に通知をする必要があった。
今後使用される位置情報は、精度も高くなる。これまで捜査に利用してきたのは、基地局レベルの位置情報だった。携帯電話会社は、どの基地局の電波が届くエリアに、携帯電話が存在しているのか、定期的に通信して把握している。
ただ基地局のエリアは数百メートルから数キロと範囲が広く、おおまかな場所の絞り込みしかできなかった。GPSを使うと基地局よりもかなり正確な位置がわかるため、早期の検挙につながると期待されている。
GPSで場所を特定すれば、捜査時間を短縮できる可能性も高まる。そこで身柄や電話など、手口を示す証拠を一網打尽にする算段だ。
このほか、容疑者の居場所をつかめるかどうかが人質の生死に直結する誘拐事件や、指名手配犯の検挙などでも活用が想定されるが、現時点では犯罪の種類に関する制限はない。
さらに他人名義の携帯電話を容疑者が使っている場合や、関係者の位置情報を知ることで、犯人につながる可能性がある場合など、「捜査上必要なら、本人以外の情報を取得することがあるかもしれない」

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。