宗教トラブル相談

宗教組織の中の人が関わっているとされる小児性犯罪に事件です。当社が扱う宗教トラブルの中で性犯罪は非常に多いトラブルです。どんな宗教組織でも、この性犯罪被害の相談はよく受けます。

岡山 宗教トラブル

探偵アンバサダー調査事務所岡山

海外の宗教関係者が関わった性犯罪事件 宗教トラブル相談

容疑者は3万人、小児性犯罪のネットワークを捜査

 最大の人口を抱える州法務省は、サイバー犯罪班「が、今回の件で「未特定の容疑者3万人を捜査している」。「われわれは、児童虐待の加害者らと加担者らをインターネットの匿名性から引きずり出すことを望んでいる」と述べた。

本物の虐待行為を含む子どもや若者のポルノコンテンツを共有した容疑がかけられている。

 捜査は、近郊で加害者の一人とみられる容疑者が逮捕されたことに伴って開始。

 これまでに各地で、70人超の容疑者が特定されている。

子ども300人超にみだらな行為、逮捕の人が自殺

子どもにみだらな行為をしたとして逮捕された容疑者。

当局は、子ども300人以上にみだらな行為をしたとして逮捕された人が自殺を図り死亡したと発表した。

 警察によると死亡した容疑者は、拘置所の監房内で意識不明の状態で発見された。3日間の治療の末、死亡が確認されたという。

 容疑者は先月、首都のホテルで未成年の女児2人といるところを逮捕された。

 警察の記者会見では、オレンジの囚人服と黒いマスクを着用し姿を現した。

 警察によると、容疑者のパソコンからは10~17歳の子ども300人以上との性行為を撮影した動画が発見された。容疑者はモデルの仕事があるといって子どもたちを誘い、性行為を拒否した子どもには暴力を振るっていたという。

 容疑者は有罪となった場合、終身刑や化学去勢のほか、銃殺による死刑が言い渡される可能性もあった。

上記のような刑罰より、性的欲求を満たすことを優先したのでしょう。

岡山 宗教トラブル相談

探偵アンバサダー調査事務所岡山

岡山 探偵調査を通じて悩み問題解決 興信所

宗教トラブル 金銭トラブル 檀家の横領

檀家として会計を担当の男、2227万円横領の疑い

 檀家として会計を担当していた寺の預金を着服したとして業務上横領の疑いで、運送業の男を逮捕した。

 逮捕容疑は寺の口座から14回にわたって約2227万円を引き出し、横領した疑い。「自分のために使った」と容疑を認めているという。

 預金管理などの会計業務を担っていた。口座の残高が減っていることを寺の関係者が不審に思い、被害届を提出。防犯カメラの映像から男が浮上した。

トラブルや問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

仏教系の金銭トラブル

寺の財産で高級車やクルーザー 寺から追放された強欲住職

 古刹の寺からを消した国の重要文化財、「木造千手観音立像」と「木造阿弥陀如来立像」の2体の仏像が、複数のブローカーの手を経て、別の寺に渡っていたことが判明。

 この2体の仏像の所有権をめぐる両寺の争いが繰り広げられたが、地裁は18年、仏像を寺に戻すよう命じる判決を下した。

 判決から約1年後に、2体の仏像が寺に無償譲渡され、さらにその2年後の21年、寺から、美術館を運営する財団に売却されていた。つまり2体の仏像は判決後も彷徨い続けていたわけである。

住職は宗教法人からから「擯斥」されていた包括宗教法人から「擯斥」、一般社会でいうところの「懲戒免職」処分を受け、寺から追放されていたようです。

浪費癖があり、10数年前から、寺の所有する土地などを担保に金融機関などからお金を借りるだけでなく、それらの不動産を本山に無断で処分していたりと金銭トラブルを起こしていたようです。

日本の昔からある宗教団体でもトラブルが絶えないのです。

身近でも住所に金を貸したけど帰ってこないという話は身近でも多くあるようです。

宗教家とのトラブル

宗教家男性 ストーカー行為繰り返し逮捕

 ストーカー規制法違反と建造物侵入の疑いで、宗教家の男性を逮捕した。

 逮捕容疑は、一方的に好意を募らせていた20代女性が勤務する会社付近をうろついたり、社屋内に侵入したりし、ストーカー行為を繰り返した疑い。

宗教家の中には、独善的な考え方をしている方も多く、常識が通じないこともあるということは、宗教トラブル対応の中では基本的な事です。

宗教をかじっているトラブル相手にいくら正論を言っても、何も響くことは無く、永遠と持論を繰り返すようなこともあり、これでは当事者での対応は困難を極めることとなるのは、宗教トラブル対応をした人なら、だれでもうなずけると感じた案件も多くありました、

宗教と政治

政教分離原則は、国家と宗教団体の分離の原則をいう。 ここでいう「政」とは、狭義には統治権を行動する主体である「政府」を指し、広義には「君主」や「国家」を指す。

国家により、フランスなどに見られる国家による一切の宗教的活動を禁止する厳格な分離(分離型)や、国家が平等に宗教を扱えばよいとする英国などに見られる緩やかな分離などに分かれる。 信教の自由の制度的保障として捉えられ、政教分離と信教の自由は不可分であり 信教の自由との関連、各国における政治と宗教、また国家と教会との関係についても扱う。

こんなことは建前で、政治と宗教は、親和性が非常に高く、相互に依存しやすく、お互いが利用することは日本でも多くあります。

なぜなら、宗教と政治双方の本質が全く同じといえるからです。

その本質は互いに「支配と略奪」だからです。

オウム後継団体アレフ

 オウム真理教の後継団体が公安調査庁に報告した資産額が1月末時点で約2億1600万円にとどまり、2年余り前の約6分の1に激減したことがわかった。

主流派の団体が収益事業に関する資産などを報告しなくなったことが要因とみられ、公安庁は是正指導に従わない場合、いったん取り下げた再発防止処分の請求を改めて検討するとしている。

 公安庁によると、オウム真理教は主流派「Aleph(アレフ)」や分派「ひかりの輪」など三つの団体に分かれて活動。団体規制法により、3か月ごとに構成員や資産状況などを公安庁に報告する義務がある。

 公安庁に報告された資産額は2000年に約6200万円だったが、年々増え、19年10月末時点で約12億9100万円に達した。

 アレフは20年2月以降、収益事業に関する資産などを報告しなくなり、21年5月以降は構成員などの報告も拒否。公安庁は同年10月、同法に基づく再発防止処分を公安審査委員会に初めて請求した。

 請求が認められれば、一部施設の使用や勧誘などが6か月間禁止されたが、アレフが報告を再開したため、公安庁は請求を取り下げた。しかし、その後も収益事業などは報告されず、報告上の資産額は減り続けている。

 アレフは、被害者支援にあたる「オウム真理教犯罪被害者支援機構」に対する10億円超の賠償命令が確定している。

 1995年3月20日に起きたオウム真理教による地下鉄サリン事件

地下鉄サリン事件は、1995年(平成7年)3月20日に東京都で発生した同時多発テロ事件で,警察庁による正式名称は、地下鉄駅構内毒物使用多数殺人事件。世界でも稀に見る大都市圏における化学兵器を利用した無差別テロ事件であった。

宗教団体のオウム真理教によって、帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)で営業運転中の地下鉄車両内で神経ガスのサリンが散布され、乗客及び乗務員、係員、さらには被害者の救助にあたった人々にも死者を含む多数の被害者が出た。

1995年当時としては、平時の大都市において無差別に化学兵器が使用されるという世界にも類例のないテロリズムであったため、世界的に大きな衝撃を与えた。坂本堤弁護士一家殺害事件、松本サリン事件と並んで『オウム3大事件』と表現されている。

上記のような事件のことは、現在の信者はオウムがやたっこととは信じていないようです。

信者はせっせと宗教勧誘活動を、本屋などでしているようです。

宗教トラブルが招いた悲劇

母親が宗教に傾倒し、大病を患う兄が自殺

容疑者が自殺未遂に至った 不遇な家庭環境 

入信した母が破産した後も団体に金を納め続けていたため、許せなかったと容疑者の供述

 応援演説のため壇上に登った元首相が背後から狙撃され、死亡した事件。犯行直後に殺人未遂容疑で逮捕されたのは、現場からほど近いマンションで一人暮らしをする容疑者だった。

殺人未遂容疑から殺人容疑に切り替え、容疑者を地検に送致し、その後の捜査で、新たにインターネットで部品や火薬を調達して周到に自家製銃を作り上げていたほか、押収した容疑者の車から、試し撃ちに使ったとされる複数の穴が開いた木板が発見されたことが判明。岡山市の応援演説会場付近を訪れ狙撃の機会を狙うなど、決して衝動的とは言えない、“明確な殺意”があった。

 それが犯行当初からの一貫した容疑者の供述だったが、謎に包まれているのは「ある宗教団体に恨みがあり、元首相と団体がつながっていると思い込み犯行に及んだ」とする動機だ。元首相を殺害するまでに容疑者を駆り立てた憎悪とは、一体何だったのか。背景には、幼少期からつきまとう“死の影”があったようだ。

父が急死、母親は宗教に傾倒し破産、兄は自殺
容疑者には厳しい家庭環境で育ったようで、親族によると、もともと父は名門大学の工学部を卒業後、自分で建築会社を経営する裕福な家庭でした。容疑者が5歳の頃に急死。そこから一家の暗転が始まります。悲しみを和らげるためか、母はある宗教団体にのめり込み、お金の使い込みが激しくなっていったのです。容疑者の祖父の死後、母は祖父が経営していた会社を引き継ぎましたが、その金も宗教団体に使い込んでいきました。

 容疑者の母は2002年、自己破産をするまでに追い込まれてしまう。容疑者の母が所属していた宗教団体への恨みは相当根深かったようだ。

容疑者は歳の近い兄と妹がおり、3人兄弟でした。しかし母が宗教に金を使い込んだ結果、兄妹は食べるにも困る生活を送っていたようです。容疑者は県内屈指の名門進学高校に進学しながらも兄同様、大学には通えず専門学校に進学することになりました。

追い打ちをかけた大病を患う兄の自殺
 母親の宗教への傾倒による生活苦。そして追い討ちをかけたのが、兄の自殺だった。

兄は大病を患い、長年治療に苦しんでいました。ですが、母親は宗教団体への献金や行事参加にのめり込み、一家は借金苦に喘いでいた。その結果、疲れ果てて、ついに兄は自殺に追い込まれてしまったのです。容疑者には相当ショックだったと思います。容疑者自身もこうした生活に相当苦しんでいたようです。

 宗教との付き合い方は、間違えてしまうと取り返しがつかなくなることが多く、その上、当事者では何の対応も出来ない事ばかりです。

宗教トラブルてなに 宗教トラブル相談

宗教を一言で言い表すなら

神仏などを信じて安らぎを得ようとする心のはたらき。

神仏の教えといえるのですが、安らぎを得ようと心を満たす方法が、事実、論理、物理を無視している為、宗教トラブルが起きています。

宗教の教えは必ずどこかに矛盾があるのが事実ですが、事実を捻じ曲げる思考、事実を無視する思考へと誘導することを宗教に携わっている人には多いのです。

行く世代にもわたって存在する宗教は、教えの解釈を変化させながら今に至っています。現状に合った教えに変えていると言えば聞こえはいいのですが、その時の宗教指導者の都合の良いように解釈しているだけという解釈もあるのです。

現に、原始○○教というのも存在します。

神様と教えと言いながら、その宗教に係わっている人の都合に合わせて、都合よく変わってゆくことで、信者数を減らすことなく、または信者が少なくなっても存続するようにしているのです。

宗教トラブル解決

探偵アンバサダー調査事務所岡山

宗教トラブルで多いのなに 宗教トラブル相談

金銭トラブルと性的トラブルが当社で扱った案件では非常にその二つが多いのです。

宗教二世問題

親が特定の宗教を信奉しており、その宗教儀式や宗教活動の影響によって、子どもの養育、発育、発達、成長に著しい障害が発生することがあります。

様々な問題やトラブルの背景に宗教二世の問題があり、それが現在の問題に影を落としていることは多くあります。

各宗教によって、心理的虐待、ネグレクト、虐待、など問題を多く抱えている宗教は多く、幼少期には教義の関係からか不適切な養育あったりすると大きな影響が出てきます。

思春期以降は主体性や自立性が課題になりますが、家族や宗教の問題により、適切にそれが成長・発達できないこともあります。

宗教に対して疑念を抱き、反発したり、反抗したりできる人は健康な自我を持ち合わせているともいえるかもしれません。

しかし、宗教二世信者は宗教と関係している為様々な問題を抱えてしまうこととなります。

宗教の金銭トラブル 宗教トラブル相談

よくある内容で一般的に日常的に起こっている宗教トラブルとして、霊感があるかのように振舞い,先祖の因縁や霊の祟りがあるなどの話を用いて信者や、相談者の不安を煽り、印鑑、数珠、壺、石柱等の商品を不当に高額に売りつける霊感商法や、祈祷料、除霊料、供養料などの名目で法外な金銭を支払わせる霊視商法。

開運ブレスレットの購入者に邪気払い名目で多額の金銭を振り込ませた業者が逮捕されたりしています。霊感商法の代金等の支払いや宗教団体への献金のためにサラ金から借金させられ多重債務に陥っているクライアントもいました。

日本に古くからある宗教でも、数多くの宗教金銭トラブルの相談があります。戒名での金銭トラブル、墓にの関する金銭トラブル、宗教に携わる人間はありとあらゆる口実を付けあなたの金銭を巻き上げようと画策しています。

宗教組織を正常に運営しようとするならば、金は要りますので当たり前のことです。

宗教トラブル解決 アンバサダー

宗教の性的トラブル 宗教トラブル相談

 女性や、子どもが宗教団体で性的虐待を受けたケースでは、被害を受けた時点で誰かに打ち明ける傾向がほとんどないのが現状です。妊娠などで発覚するケースも少なくありません。

 女性や、子どもが聖職者や宗教団体関係者に性的虐待を受けたことがある人は、被害当時すぐに相談できなかった原因は、恥辱感や罪悪感があったためだと話している方がほとんどです。宗教団体や聖職者に対し、隠してきた虐待の事実を明らかにするよう求める声が広がっているが、現実として被害者はそのようなことは望んでいない。宗教組織自体の隠蔽体質こそが性的被害を助長している。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える悩みを解決してきた事績がある。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。