岡山 加害者責任の追及 主張立証責任

加害者への慰謝料請求、加害者への損害賠償請求は被害者が行わなくてはなりません。

被害者のど主張が真実か判らない場合もあり、そのような場合でも、裁判をしないというわけにはいかず、最終的には、何かしらの判決を下さなければならないので、法律の定めによって抽象的に、どちらか一方の当事者が、事実の立証が十分にできなかった場合に、敗訴する可能性があります。これを証明責任又は立証責任といいます。

「無免許事故は危険運転」遺族が提訴 主張立証責任

加害者は、刑事、民事及び行政法上の責任を負います。これらは別個に課せられます。ここでは民事上の責任について述べますと、加害者に過失がある場合は被害者に生じた種々の損害を賠償する必要があります。

その内容は積極損害として、治療費・通院交通費、入院の諸雑費等、死亡の場合は葬儀費用等があります。消極的損害として、休業損害・後遺症の逸失利益、死亡による逸失利益等があります。また、精神的な損害として、慰謝料、物損に対しては車や物の修理費用や代車費用等があります。

また、あなた自身が運転していなくても従業員が仕事に関連して運転中事故を起こしたときには、使用者としても賠償責任が生じます。

京都府亀岡市で集団登校中の児童らに軽乗用車が突っ込み、10人が死傷した事故で、亡くなった被害者の父(51)ら遺族4人が、無免許運転した元少年(21)と父親、同乗者、所有者の計5人に対し、慰謝料など損害賠償計3300万円を求めて京都地裁に提訴した。

訴状では、無免許運転で事故を起こした元少年の行為は改正前の危険運転致死傷罪に相当すると主張。事故現場の60メートル手前でハンドルを切ったりスピードを落したりできず、「運転者としての基本的な技能を欠いた」と指摘した。同乗者には無免許運転を継続させた責任、所有者には車を貸した責任、父親には監督責任をそれぞれ負うよう求めた。

事故をめぐっては元少年ら6人が逮捕され、起訴された3人の有罪が確定。2人が中等少年院送致、1人が保護観察処分になった。

提訴後の記者会見で、「刑事裁判の判決には納得いかない。無免許運転での事故は危険運転だ。遺族の率直な思いを裁判で訴える」と話した。

岡山 加害者責任の追及 主張立証責任
岡山 加害者責任の追及 主張立証責任

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

主張の方法

主張は、第三者に対してするものですから、その第三者に分かりやすく説明できることが大前提です。訴訟となったとして裁判官に変十分い説明ができるようにすることが当然、主張する側が責任を負うものと考えて対応することが当たり前です。

第三者に主張の正当性を理解してもらうためには、第三者にとって証拠を基にな主張しなくてはなりません。

証拠とは

証拠とは、主張をする判断する根拠を指す言葉で、事実を認識するための資料であると言えます。

主張と立証の違い

主張とは、法的請求を理由付ける行為。考え方を変えると、一方当事者の意見にすぎません。

立証とは、その事実を客観的に裏付ける証拠を基に主張をすることといえます。

この違いは、法的に戦う場合は理解し、対策を考えると良いでしょう。

証拠収集方法

探偵アンバサダー調査事務所岡山は証拠収集の為の調査を行い、多数のクライアントにご協力をさせていただきました。調査は、映像、画像、音声、などをも地位証拠を収集していきます。

刑事罰の対象となるようなケースで警察に相談しても、警察はすぐに動いてくれるわけではありません。これは当然のことで、警察は動くためには根拠となる証拠が必要です。現実的には具体的な証拠がないと動きようがないのが現実です。

クライアントの中には、「警察に行ったが全然動いてくれない」「警察は、何もしてくれない」とよく言われる方が多いのですが、警察としては、要件が整わないと期待に応えることが難しいのも現実です。

実は、「警察が動かない」のではなく、「動けない」のです。その責任は、被害者にあるのです。

警察が動くにはそれはやはり証拠が必要となります。
探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

証拠収集の成功は、ヒアリングで譲歩の分析と状況把握にすべてがかかっているといえます。

証拠収集 ヒアリングは、クライアント、被害の情報収集や状況把握を目的とし、正確な情報からどのようなアプローチで証拠収集をするかを導き出します。

証拠臭では、必要なプロセスとなっており、証拠収集に必要な情報を得て、最良のアプローチに活かそうという狙いがあります。

民事、刑事事件共に、主張したければ証拠は必要です。

探偵に調査依頼する方々は、様々なお悩みを抱えておられる方ばかりです。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか。当調査事務所は刑事事件の証拠も、もちろん様々なトラブル解決、悩み解決のための調査も得意としています。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂いています。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。