岡山 内部告発 リスク

 弱者への虐待は、一向に減る気配はありません。実際にニワトリも弱ければいろんなニワトリにつつかれてしまいます。
 人間はそんなことはないだろうという人がいますが、実際には動物界の中では最低な生物と言えます。数100年前は植民地を作り、奴隷と扱ってきたのは人間だけです。また先住民を殺戮しその土地を侵略したのも人間です。
 人間は歴史学ぶことはできるのですが、歴史を生かすことはできないようです。

岡山 障害者虐待 内部告発 リスク 

死亡3例 厚労省調査
 家族や福祉施設の職員らに虐待を受けた障害者が今年3月末までの1年間で計2266人にのぼることが25日、厚生労働省の調査で分かった。

同省は昨年、平成24年10月の障害者虐待防止法の施行から半年分の実態調査を実施したが、年間を通じた集計は初めて。約8割が家族による虐待だったが、外部の目が届きにくい福祉施設では全容を把握できていない可能性もある。死亡例は3例あった。

 同省は職場での虐待被害者が同期間中393人だったとする集計を7月に公表しており、被害者総数は計2659人に及んだ。

 今回の調査の内訳は、親や兄弟ら「養護者」が虐待したのが1764件、被害者は1811人。福
祉施設の職員らによるものが263件、被害者は455人だった。虐待の種別(複数回答)は、殴るなどの身体的虐待が1264件で最多。

岡山 内部告発 リスク
岡山 内部告発 リスク 探偵アンバサダー調査事務所岡山

暴言などの心理的虐待が678件、障害年金を取り上げるなどの経済的虐待が467件、日常の世話をしない「放棄・放置」が345件あった。

 死亡例は家庭が2件、福祉施設が1件。福祉施設のケースでは、千葉県袖ケ浦市の施設元職員が入所者の少年の腹部を蹴り死なせたとして、今年3月に傷害致死容疑で逮捕されている。

上記のような案件で、内部告発にもリスクがあることを理解して内部告発を行う必要があります。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 内部告発 圧力

内部告発には圧力がかかるもの、内部告発にはリスク回避が必要です。
「たかの友梨」:社長が謝罪 労基法違反、内部通報者にパワハラ

エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する不二ビューティの高野友梨社長が、労働基準法違反を内部通報した20代の女性社員に圧力をかける言動をしたとされる問題で、たかの友梨ビューティクリニックは4日、高野社長が従業員らに謝罪したことを公表した。

岡山 告発検討 内部告発 【内部告発のリスク低減】
岡山 告発検討 内部告発 【内部告発のリスク低減】

たかの友梨ビューティクリニックによると、高野社長が同日、現場となった仙台店を訪れ「労働コンプライアンスに対する知識や意識が未熟だったからであると深く反省しております」と謝罪。

「労働基準法違反を容認している、ないしは、組合活動に圧力をかけるというような気持ちはありませんでした」と弁明し、「二度とこのような言動を取らないことを約束します」と説明したという。

この問題は、今年5月に仙台店の女性が労働組合「エステ・ユニオン」に加入し、残業代の支払いなどを求めたことが発端。高野社長は同店従業員を集めた8月の食事会で、女性を名指しして「(労基法通りにやれば)潰れるよ、うち。潰してもいいの」などと述べたと、同労組などが指摘していた。

同労組は「謝罪の場に被害者の女性はおらず、謝罪を受けたとは思っていない」としている。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

告発者が非難されてしまうリスク 内部告発

ぺヤング事件の被害者である「混入写真をアップしたツイッターユーザー」が叩かれはじめたのである。このユーザーは某大学の男子学生。過去ツイートではペヤングを大量にストックしている様子もうかがえ、ペヤングを日頃からよく食べていたと思われる。

男子学生のツイッターには、「本当に(虫が)入っていたのか」「画像はねつ造なのでは」「あなたのせいで(販売中止になった)」などのクレームが殺到。

岡山 内部告発のリスク低減】
内部告発のリスク低減】【内部告発のリスク低減】

不二家で購入したホールケーキを切り分ける際、スポンジの底に緑色の塊を発見し、写真に撮ってアップした。女子高生は「誕生日にカビ入りケーキって。

電話したら平社員みたいなのが来た。ケーキと500円券じゃどーにもなりませんよ(笑)」などと企業の対応も書き添えていた。

ツイッターなどネット上は、一個人でも企業の不祥事を告発できるという利点もあるが、その真意を確かめるのは難しい。

また、発言主に他の一個人が群がって叩くこともできるというリスクも持っている。自分がトラブルに遭遇したときや憤りを感じたとき、安易に文句を書き込むと逆に痛い目に遭うかもしれないと考えておかなければいけないようだ。

 告発者がなぜ叩かれているのかその理由

告発者を叩いている人の意見を集めてみると「企業を陥れようとしてねつ造画像を作った可能性もある」「企業にクレームを入れれば済む話なのに、わざわざSNSにアップするのはただの目立ちたがり」「虫なんて深刻な健康被害はないのだから、工場が停止して働けなくなった従業員などのほうがかわいそう」というのが主だった。

告発者を叩く風潮が強くなると「思いつきさえ発言できなくなってしまう」と心配する意見もあがった。「注意喚起が目的なら、いつどこで購入したのか、発見した経緯、社員の対応を書いてほしい。これがないから、写真の信憑性が疑われるのでは」と、情報の不足を指摘する声もある。
しかし、この問題本質は、自分の発言には責任をとつという考えが、双方にかけているところにある。朝日新聞の例もあるが十分な検証が必要なことは誰でも理解できるところだ。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。