内部告発を代行

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、内部告発の代行を依頼されることがある。

創業30年の探偵調査事務所です。長年の探偵業をしていれば、クライアントの抱える悩みを解決してきました。その中には、内部告発の代行という案件もあり、クライアントのリスクを考え内部告発の代行という方法にたどり着きました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

内部告発

内部告発とは、企業、組織の身内が、所属組織、所属企業の不正や悪事(法令違反など)を、監督機関(監督官庁など)や報道機関へ通報することを言う。
近年、組織、企業の不祥事は、この内部告発によって明らかになるケースが多い。
 

岡山 内部告発代行
岡山 内部告発代行 探偵アンバサダー調査事務所岡山

公益通報者保護法

2006年4月1日に施行された法律。内部告発を行った労働者を保護することを目的とする。同法はあくまで「内部告発者を守る法」であり、組織の不正行為を摘発することが主軸のものではなく、したがって、内部告発者の保護はなされても、組織の不正行為の摘発および是正に必ずしも結びつくとは限らない。

同法の施行後も、内部告発者に対する企業による制裁は当然のように行われている。この法律では保護される告発・通報の要件が色々と限定されており、告発者の立場や、通報先にも縛りがあり、この様な状況から、一部では公益通報者保護法は内部告発者の保護が不十分であるという指摘を受けている結果となっている。

内部告発はリスクを背負っていることを十分に認識してから行うことが肝心である。
内部告発は、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

探偵アンバサダー調査事務所岡山ではそのようなリスクを回避するために、資料集め、代理告発を依頼を受ければ行っている。

またリスク回避の方法と考えて、当社に依頼するという選択肢を選択するのも、内部告発の方法の一つであります。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

内部告発のリスク

告発の方法としては、有効な証拠を集めて告発内容の整理をしてから、窓口に出向いて申告するというものです。

告発の方法

電話やメールでの受付もしていますが、電話では問題解決に向けたアドバイスはもらえるものの直接動いてくれませんし、メールは告発内容を立ち入り調査の参考資料とされるのみです。会社への指導や是正勧告をしてもらいたければ、やはり窓口での申告を行わなければなりません。

岡山内部告発のリスク
岡山内部告発のリスク 探偵アンバサダー調査事務所岡山

内部告発自体は匿名でも可能

多数の相談を抱えている場合、匿名では対応が後回しにされるおそれがあります。なるべく連絡先を明かし、実名で告発するとよいでしょう。

守秘義務は守られます。調査のタイミングや調査対象資料などから会社側に誰が告発したのかを知られた場合、現実問題として告発者が不利益を被るおそれは否定できません。

そこで、内部告発をされたことを理由とする解雇などの不利益処分は、原則として労働基準法104条2項や公益通報者保護法3条ないし5条によって禁じられいるが、現実は甘くありません。

組織の責任者から考えれば、組織情報の漏洩で対処を考えなくてはならなくなり、まず最初の行うのが、告発の犯人探しとなります。

この行動は、組織防衛のとっかっかりになる重要なキモとなるところなので、かならずおこなわれることとなり、内部告発者の候補にあがれば、当然不利益を受けることになります。

この様な時に、法的に内部告発者は保護されると言っても本当にそうでしょうか。現実は組織から追い出され、組織内にいたとしても冷や飯を食わされるだけです。

国の調査で、通報を理由に解雇や嫌がらせなどの不利益を受けたという人が、半数近くに上ることが明らかになった。背景にあるのは、この制度の脆弱さ。報復行為などに対し罰則がない上、通報を受ける窓口の整備も追いついていない。

探偵の仕事は、クライアントの立場や権利を守るため、日々、最良の解決を考え目指すものです。敷居が高いと思われがちな探偵社ですが、実際に敷居が高いと思っていただく方がトラブルに合わずに済みます。しこし、このような時には当社を頼ってください。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では水面下で調査。コンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

状況によっては、裁判で訴訟を起こすことを考えでは、裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく、それが探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。

内部告発を代行を依頼するなら

岡山の探偵 アンバサダー調査事務所

内部告発 相談ダイヤル 0860226-1099

岡山 内部告発代行 探偵アンバサダー調査事務所岡山

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。