岡山 誹謗中傷 相談 調査

誹謗中傷 数々の誹謗中傷で心身ともに疲れ果ててしまうこと、これは大きな問題です。
しかし、自分ではどうにも出来ない状況になってしまっていませんか?
長引く誹謗中傷は、当事者間では解決できない深刻な問題に悪化していることがあるのです。
ライバル企業、近所の住人、ママ友、会社の同僚、友人、元交際相手など
誹謗中傷の相手は身近に生活している人物であることもあり、毎日が苦痛でウツになってしまう被害者もいます。
見かねたご家族からのご依頼も多いのです。

岡山 誹謗中傷
岡山 誹謗中傷相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。プロの探偵と言うことは、クライアントの抱える悩みを解決してきた事績に支えられ調査とトラブルを解決するプロです。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、調査依頼でトラブルを避けるためと、時間の無駄を省くため、問い合わせの段階で、電話相談すら断っていることが多く、結果的に調査依頼をしない人に無駄な経費を使用しないので結果的に調査料金を低く抑えることに成功しています。

元交際相手をネットで中傷 誹謗中傷

元交際相手を誹謗中傷する内容をインターネットに書き込むなどしたとして、名誉毀損とストーカー規制法違反の疑いで、大学院生(23)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は、16回にわたり、元交際相手の20代の男子大学生に、インターネットの掲示板サイトに誹謗中傷する内容を掲載して名誉を毀損し、ストーカー行為をしたとしている。

岡山 誹謗中傷相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山
岡山 誹謗中傷相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

同署によると、掲示板サイトに被害男性の住所、名前を掲載した上で、「女たらし」などと書き込まれていたという。被害男性は昨年末に同署に相談。同署が3月末に女子大学院生に電話で警告したが、4月に入っても書き込みがあったことから逮捕に至ったという。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

ネットでの脅迫や誹謗中傷

インターネット上では過去にも、個人に対する脅迫や誹謗(ひぼう)中傷が繰り返され、警察による摘発が後を絶たない。

ご当地アイドルグループの女性メンバーのブログに「32害459(さつがいよこく)」などと書き込んだとして、ファンの男が脅迫容疑で逮捕された。女性タレントの公式ブログに「殺す」などと書き込んだ男が同容疑で逮捕されている。

事実無根の書き込みも多発。お笑いタレントのブログに中傷の書き込みが殺到し、「殺人事件の犯人」などと書き込んだ男ら6人が名誉毀損容疑などで一斉に書類送検された。

岡山 誹謗中傷相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山
岡山 誹謗中傷相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

「SNSの普及で情報発信の敷居が低くなっており、中傷トラブルなどは今後も増えると予想される」と指摘。「情報に尾ひれがついて拡散していく恐ろしさなど、ネットユーザーの啓発を進める必要がある」と話した。

簡易投稿サイトのツイッターで2月上旬、利用者のアカウントが大量に乗っ取られ、特定の弁護士の殺害を予告する書き込みが相次いでいたことがわかった

乗っ取られたアカウント数は不明だが、同じ書き込みは数日間で少なくとも数千件に上った。何者かがツイッターの「アプリ連携」の仕組みを悪用して書き込んだとみられ、警視庁は不正アクセス禁止法違反容疑などで捜査に乗り出した。

「明日午前11時に事務所に行って首をナイフで切り落とす」。、第一東京弁護士会所属の男性弁護士を名指しした殺害予告が、ツイッター上に次々と投稿された。

文面は全く同じだが、投稿者はバラバラ。直後から、警視庁や愛知、千葉両県警などに「自分のアカウントで身に覚えのない書き込みが行われていた。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では水面下で調査。コンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。
また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。
クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

インターネット 誹謗中傷 

インターネット上での書き込みは自分の意見を発することのハードルが他のメディアに比べ格段に低く、また対話する相手の生の感情を読み取る材料が少ない。そのため、相手の事を配慮せず、安易に高圧的な言葉・アスキーアート等を掲示板やホームページで書き込む人物が数多く存在し、誹謗中傷が頻繁に発生している。また、著名事件が発生した場合に、その加害者や関係者を特定する行為も多く行われている。 しかしながら、これらは情報が誤りであった場合はもちろん、真実であった場合でも名誉毀損が成立しかねない行動である。

電子掲示板では、その場のネチケットを平然と無視して好き勝手な書き込みを行う者も存在し、加えて管理者が常に監視しているサイトはごく一部にとどまることから、誹謗中傷が発生し易い環境にある。

特に2ちゃんねるでは、その体質と規模から殆ど全ての板で誹謗中傷が発生しており、時には事実無根のデマ、恐喝・犯罪予告まで書き込まれているので、名誉毀損の旨等で訴訟が多数起こっている他、業務妨害による逮捕者も出ている。

2ちゃんねるでも「誹謗中傷はやめましょう」というルールが存在するが、それを厳守しない書き込みが後を絶たない。あまりにも悪質だと投稿ブロック(アクセス規制)処分となる。最悪の場合、アカウント停止に陥ることもある。

またウィキペディアでは、個人攻撃を行うことが禁止されており(Wikipedia:個人攻撃はしない)、誹謗中傷を行う投稿者は荒らし行為とみなされるため投稿ブロックの対象になる。

しかし現実には、論争等が勃発しているノートページや各種依頼に於いて、投稿や要約欄を通じて誹謗中傷が発生する事が少なくない。その場合、記事に対して保護または半保護がかけられる事がある。Wikipedia:中立的な観点の対象にもなったりする。

ウィキペディアでは中傷を履歴ごと削除することはほとんど無い。
ネット上の誹謗中傷について日本の警察に寄せられた被害相談件数は、2001年には2267件、2006年にはその3.5倍の8037件に膨れ上がり、被害は年々急増している。

被害者の中には精神的苦痛で自殺・自殺未遂をする者もいる。多くのケースでは発信者を特定できずにいる。また、警察も名誉毀損に対して本腰を入れた捜査を行わないことがある。

なお、現時点でのインターネットに関する法規制はプロバイダ責任制限法以外に無いことから、被害者の対応は非常に限られたものとなっている。このため、インターネット上での発言の責任に無自覚な者が少なくない。

発信者の責任が問われたケースもあり、2009年には“スマイリーキクチが女子高生コンクリート詰め殺人事件に関与した”という前提でブログのコメント欄に誹謗中傷する書き込みをした18人の男女が名誉毀損の疑いで書類送検されている。(スマイリーキクチ中傷被害事件)

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

誹謗中傷被害対策

岡山の探偵アンバサダー調査事務所岡山

相談ダイヤル 086-226-1099

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

嘘 誹謗中傷被害

阪急阪神ホテルズ系列のレストランでメニューと異なる食材が使われていた問題で、各レストランで利用客への返金が以前行われました。

レシートを持参したり店の記録と照合し料理を食べたと確認できた場合は料金を返還するとしており、返還想定額は約1億1千万円にものぼるとか。

各ホテルには数百件を超える問い合わせが殺到しているが、過去の事例では、実際に利用していない客が返還金を求めるトラブルが起きた例もあり、ホテル側は難しい確認作業を迫られている。

岡山 誹謗中傷相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山
岡山 誹謗中傷相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

確認を行うにはまずレシートなどを利用するが、レシートを保管していないケースも多い。客から「いつ、何人で、いくら払ったか」などを聞き取り、店で保管しているレシートの控えと照合し、確認がとれれば返金をしている。直接来店できない人には電話で事実確認を行い、口座振り込みも行うという。

返金に期限は設けていないが、同社が“偽装”した期間が平成18年から最長7年にも及ぶため、対応に時間がかかることもあるという。

これを機会に、詐欺を行う輩もいるでしょう

岡山 アンバサダー調査事務所
 
086-226-1099

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

営業妨害、被害誹謗中傷誹謗中傷

ネットは、誰でも自由に情報を載せる事が出来ます。

ネットでの詐欺事件は多く被害者は増える一方です。

なりすましで、現実に存在する人物の名前をだして、誹謗中傷する嫌がらせも多く、

対処しきれないトラブルになっています。

会社では営業妨害につながります。

また、殺人予告などの悪質な例は、ネット会社がを警察に報告する事があるそうです。

それも年間1000件ぐらいの報告で全てに対処出来ないのが現実です。

実際の誹謗中傷はもっと多く、周りでも起こっています。

インターネットだけではなく、LINEなどのSNSでも誹謗中傷は行なわれます。

ネット社会、係りたくないものですがそうも言っていられない時代です。

営業妨害、誹謗中傷被害でお困りの方は、

岡山 アンバサダー調査事務所までご相談ください。

086-226-1099

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。