岡山 近隣トラブル生活音解決相談

近隣トラブル 生活音

騒音は、迷惑で嫌なもので騒音で感じるストレスは、体調不良を起こすこともあり、無意識に起こる生活音でもその音が不快に感じられると、気のなってしまうものです。

引っ越しというのは大変な作業で、朝からフル回転で、荷物を片づけたり運んだりして、疲れ切った夜に、明日も忙しいから早めに寝よう決めたが、隣の部屋から人の変な声が聞こえて眠れない、ドアを開閉音も気になる事が、引っ越したその日から苦痛な日々を過ごすこととなります。

または近隣住民から、音がうるさいと怒鳴り込まれたり近隣トラブルの生活音トラブルの問題は深刻です。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える生活音トラブルや生活音問題の悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。生活音トラブル、生活音問題の悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。

岡山 近隣トラブル生活音解決相談
岡山 近隣トラブル生活音解決相談

気になる音 騒音 生活音

生活音すごく気になる近所の騒音

人間誰しも生活音を立てながら生きているものですが、ご近所の騒音問題はこじれると思わぬ大事になりかねないので、油断できません。今回はすごく気になる近所の騒音といえば何か、教えてもらいました。
すごく気になる近所の騒音ランキング

1位:ペットの鳴き声
2位:足音
3位:子どもの泣き声
4位:子どもを叱る声
5位:夫婦ケンカの声

1位《ペットの鳴き声》

飼い主にとっては何をされてもかわいいわが子同然のペットでも、他人にとっては悩みのタネでしかないことも。集合住宅の場合ペット禁止の物件も多いのですが、ペット可の物件だと「お互い様」と、油断してしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし自分のペットにきちんとしつけをしている人にとっては、他人の《ペットの鳴き声》はやはり不快。下手したら連鎖反応で他の家のペットまで騒ぎ出すかもしれないので、くれぐれも気をつけたいものです。

ちなみに最近増えているペット可の物件、東京近郊ならワンルームで通常の物件と比べて家賃1~2割増しが相場とのことなので、それほど高価というわけでもないそうです。

2位は《足音》

普通に歩いているつもりでも、床の造りや時間帯によってうるさく感じてしまうもの。

かといって常に「抜き足、差し足、忍び足」で生活するのもストレスが溜まりそうなので、難しいものですね。

3位《子どもの泣き声》

小さな赤ちゃんがいる若い家族と、定年後の夫婦二人暮らしの組み合わせは生活スタイルはまったく異なるものの、どちらも家で過ごす時間が長いのでトラブルになりやすいそうです。

住民みんなが「お互い様」と思えるように、同じような家族構成・生活スタイルの人が多いところに住むのが、一番平和な方法なのかもしれません。

「お悩み相談」、のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

岡山 近隣トラブル生活音解決相談
岡山 近隣トラブル生活音解決相談

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

「騒音規制法」という法律 生活音解決相談

本法は特定の工場から発せられる騒音、あるいは、自動車または深夜営業の飲食店などからの騒音を対象としているため、日常生活から生じる騒音(生活騒音)は規制の対象外となってしまいます。

奈良県では有名な「騒音おばさん事件」現在は服役を終え、すでに出所しているそうですが、訴因は「傷害罪」でした。生活騒音を直接的に罰するための法律が存在しないため、苦肉の策として同罪を適用したのでした。

また、07年10月にはマンション内の騒音トラブル訴訟で、被害者の損害賠償請求を認める判決が東京地方裁判所から言い渡されました。場所は東京都板橋区のマンション、当時3~4歳だった男児が跳びはねたりしたときの音により精神的な苦痛を受けたとして、階下の男性が男児の父親に240万円の損害賠償を求めたのでした。

これに対して東京地裁は、「夜間や深夜には騒音が階下に及ばないように、長男をしかるなど住まい方を工夫し、誠意ある対応を行うのが当然」と言及、「騒音は“受忍限度”を超えていた」として慰謝料など36万円の支払いを加害者に命じました。

 <受忍限度の判断要素>(主なもの)

騒音の発生時間(たとえば深夜)に相当性があるかどうか?
その騒音が継続的なものかどうか?加害者が騒音防止対策を取っていたかどうか。
当事者が互いにどのような話し合い(交渉)をしてきたか、その経緯騒音の程度や様態その他、特殊事情(たとえば病人がいる)

近隣住人と“風通しのいい”人間関係ができあがっているか確認することが肝要です。問題収束への第一歩は「居住者同士のコミュニケーション」……このことは今も昔も変わりません。

心を通い合わせることが、騒音トラブルを解消する原点となるのです。「うるさい」と他人をとがめる前に、まずは自身の足元を見つめ直す勇気が必要といえます。

明確にこの調査をしてくださいと言えない場合でもトラブルになっている以上対策を考えることが必要となってきます。その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。

岡山 近隣トラブル生活音解決相談
岡山 近隣トラブル生活音解決相談

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。