岡山 社内調査

岡山 社内調査 企業トラブル解決は早期の調査依頼が必要です

雇われている人間と、経営者は違います。立場も考え方も、行動もおおきく異なります。ひどいと、逆であることも・「この会社マジぬるすぎ!」 ひとりブラック労働をやめない社員、働く人たちが自分の労働条件に敏感になることは、職場を健全化させるためによいことかもしれません。

しかし、ひたすら楽な仕事に流れれば、会社の業績が悪化して雇用が保たれなくなることもあるでしょう。

社内調査の必要性

公◯員や、赤◯字の社員は、時間が来るまでそこにいればいいそれで首にならない人もいます。

ある大手企業の支店では、中途入社した30歳男性が「余裕のある仕事ぶり」に反発し、モーレツな働き方で周囲のヒンシュクを買っているという。しかし会社としては、頑張りが結果につながることも期待しており、その狭間で頭を悩ませている。

同僚たちは「ワークライフバランスを欠いた働き方じゃ持たない・・・」

岡山 社内調査 企業トラブル解決
岡山 社内調査 企業トラブル解決

大手メーカーの支店で総務を担当しています。弊社ではコンプライアンスを重視し、残業時間を1分単位で集計しています。ところが最近入社してきた中途入社のAさんが、集計用のシステムを適当に操作して時間外労働をつけずに仕事をしています。

Aさんは30歳で中堅メーカーからこの春転職してきたのですが、営業部に配属されて数日経ったころから会社の不満を公言するようになりました。
「いやあ、やっぱ大手はぬるい。マジぬるすぎる! 大した仕事もしてないくせに、偉そうにふんぞり返ってさ。こんなことだから会社が傾くんだよなあ。下請けとか非正規とかを安く使ってるんだから、ノウノウと残業代なんか貰ってられませんよ!」

と聞こえよがしに言っています。仕事ぶりはモーレツで、朝は始業前から夜も遅くまで精力的に仕事をしています。

・・・そんな事を言われるような仕事ぶりなら、仕方ないのでは?

過去の営業企画書をあさっては、自分なりにアレンジして客先に提案を積極的にかけており、その甲斐あってか彼の担当顧客からは、問い合わせや引き合いが増えているそうです。上司は「あいつ、いきなり営業トップ取るかもな」とつぶやいていました。
・・・頑張った結果です。

しかし同僚たちは冷ややかで、「あれじゃ“ひとりブラック労働”だよ」「ワークライフバランスを欠いた働き方じゃ持たないよね」などと陰口を言っています。それはAさんの耳にも入っているようですが、

「大して働きもしないくせに、給料が少ないだの結婚できないだの、情けない話だわ。早く帰って家で何してるの? どうせ大したこともしてないくせに」

・・・価値観の違いです。

岡山 社内調査 企業トラブル解決
岡山 社内調査 企業トラブル解決

と聞く耳を持ちません。周囲との調和はともかく、労働時間の管理はちゃんとしてもらわないと本社から叱られてしまいます。しかし仕事を制限すると、支店の売上を抑えてしまうことにもなります…。

会社にとって、どちらの人間が必要だと思いますか?

答えは明らかだと思います。

社内調査の依頼は

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。プロの探偵と言うことは、クライアントの抱える悩みを解決してきた事績に支えられトラブルを解決するプロです。
クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、無料のサービスをクライアント以外には行うことをしていません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

岡山 社内調査 企業トラブル解決
岡山 社内調査 企業トラブル解決探偵アンバサダー調査事務所岡山

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 社内調査の信憑性

医薬品や化粧品の臨床検査。社内でのデータ収集では、信憑性に欠けます。

社員関与、一転「不適切」 製薬会社内部調査
降圧剤を巡る臨床試験に、製薬会社の社員が関与していた問題で、同社が社内調査結果を明らかにした。社員が関与したことについて「臨床試験結果に疑念を生じさせることになった。不適切だった」と謝罪した。上司もこの社員を支援していたことが分かったが、組織ぐるみだったかは「確認できなかった」とした,

社員は、京都府立医大、東京医大、滋賀医大、千葉大、名古屋大の5大学による薬の効果を検証する試験に関与し、複数でデータ解析にかかわっていた。「試験ごとに関与の仕方は違った」というが、詳細は明らかにしなかった。「意図的なデータの操作や改ざんに導いたことを示す証拠は見つからない」とした。

複数の社員が「企業の社員でも(非常勤講師という)研究者としての肩書で臨床研究を支援するなら、問題は生じないと信じていた」などと説明したという。

記者会見で当時の社長(現最高顧問)は「試験は医師主導で、我々は一切試験に関与していない」と述べていたが、同社は「事実と相違していた。訂正しおわびしたい」とした。

岡山 社内調査 企業トラブル解決
岡山 社内調査 企業トラブル解決 探偵アンバサダー調査事務所岡山

この社員は今月で退職。同社は「契約が切れたためで、今回の問題とは無関係」と説明した。おおきく異なります。

当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 社内調査 金銭問題

国立大学の教授もお金に目がくらみます。岡山大学も名前が出てきました。

教授逮捕
東京大学の教授が研究事業費2100万円あまりを大学から騙し取ったとして逮捕された。

大学・政策ビジョン研究センターの教授容疑者は、システム関連会社6社と共謀し、業務を発注したように装って東京大学と岡山大学からあわせて2180万円をだまし取ったとして東京地検特捜部に逮捕された。
大学は会見を開き容疑者が4年間で国などからおよそ2億1600万円の研究費を受け取っていたことを明らかにしたが、「会計処理上の不正は見当たっていない」としている。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、無料のサービスをクライアント以外には行うことが困難で、無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。