誘拐結婚 岡山 結婚調査

結婚トラブルや結婚問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

あらゆる結婚トラブルを解決してきた専門家がが貴方のトラブル解決をサポートします。

日本では、「村の雑魚寝堂で若い男女が雑魚寝し結ばれる」「花嫁一行に水をかける」「馬に乗って嫁入り」「新夫婦の家の前に石地蔵を運んできて置く」「生家を後ろ向きに出て婚家に後ろ向きに入る」「女性たちが裸踊りをする」「仲人は顔に墨を塗り花嫁花婿を騙したことを懺悔する」など、現在の私たちには不思議に感じる風習があります。

その中の一つには誘拐婚が挙げられます。

誘拐結婚

日本は平和だ。と思わずには居られませんが
日本では昔、武士層にはそれらしき習慣があったようで、権力を使い、めぼしい女性と結婚する。現代の日本では考えられない風習があったのです。

鹿児島の奇習「おっとい嫁じょ」とは

 鹿児島県の大隅半島周辺ではかつて「おっとい嫁じょ」なる奇習が存在した。地元方言で「おっとる」というのは「盗む」の意味で、「おっとい嫁じょ」を標準語に直訳するならば「嫁盗み」。
 簡単にいうと、結婚に不同意な女性を強姦して妻にするという驚くべき風習なのだ。今よりも女性の貞操観念の強かった時代では、強姦された「傷物」の女性は嫁ぎにくくなるため、結果として被害女性もその親も渋々、加害男性との結婚を承諾するということなのである。そして第二次世界大戦後の1959年、この風習が全国的に知られる事件が発生した。

しかし、当社が調査を行ったところ日本は、貞操観念観念が低かったということが分かっている。現在のような感が方が定着してきたのは戦後の事の様である。

誘拐婚というか、日本は世界的に見ても性に対しておおらかだったように感じる。しかも、そのことは、生活をしていくための必然性があっての事でないかと考えます。

 キルギスの誘拐結婚は、実に複雑なものだ。そこには、キルギスの村社会の人間関係、価値観、遊牧時代からの歴史が絡み合っている。誘拐された現場に居合わせたときには、その複雑さがわかってきていたが、なかなか理解できずにいた。

 誘拐され、結婚を承諾するキルギスの女性たちの気持ちだ。誘拐結婚についてよく尋ねられることに、「なぜ誘拐されたキルギスの女性たちは、逃げずに結婚を受け入れるのか」というものがある。自分が誘拐されたら、どんな手段を使ってでもその場から逃げる。女性ならそう考えるのが普通だろう。私もそうだった。

 18歳になったばかりの女性に出会ったのは、友人の弟が前日に女性を誘拐し、結婚式を挙げると聞き、向かった先に、いたのが彼女だった。

誘拐結婚 岡山 結婚調査
誘拐結婚 岡山 結婚調査

 驚いたことに、女性は笑顔で部屋に入ってきた。客が来ると胸に手を当て、ほほ笑んで深々とお辞儀をして迎える。とても2日前に誘拐されたばかりの女性には見えなかった。しかし、独りになると急に表情が暗くなり、肩を落として考え込んでいた。

誘拐婚は価値観と社会情勢、宗教間も併せ持つ複雑な面の結果として現れ、善悪などの簡単な考え方で話をするようなものではない。合理性がある社会システムとして残っている風習の過ぎないと考えます。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 夜這いに関する風習

岡山で有名な事件は事件の起こる以前から複数の村の女性と交際関係や肉体関係を持ってい足されているが、肺結核にかかったことや、それを理由に徴兵検査を不合格になったことが理由で女性たちが離れ、それが事件の動機の1つになったという人もいます。

当時は女性との関係の持ち方が村で風習として残っていた夜這いと呼ばれるもので、夜這いとは、「夜中にみんなが寝静まっている間に、こっそりと思いを寄せている女性のもとを訪ねて一夜を共にすること」です。

この「夜這い」という風習は、古代の日本の妻問い婚が起源とされ、当時の日本でも地方の農村や漁村で根強く残っていました。

それは、岡山市内にも残っている風習でした。

夜這いで関係を結ぶことと、結婚することとは全く別ものであり、夜這いはあくまで社交、趣味であるので結婚と同じではない事は理解していただきたい。

岡山の夜這い文化

夜這いというものがある。簡単に説明してしまえば、男性が夜、女性の家に会いに行くという風習で岡山などでは戦後しばらく行っていたようです。

誘拐結婚 岡山 結婚調査
誘拐結婚 岡山 結婚調査

昔から世界的に行われている文化である言ってもよい風習でしょう。

今現在は、夜這い文化は現在途絶え、それを行うと犯罪です。

岡山の伝統的な夜這い文化は、当社が調べて分かったことで、昭和50年代まで残っていたの調査で分かったのです。日本では今ではほとんどみられなくなりましたが、昔は性教育、相互扶助のため、村の生活習慣として受け居られているようです。戦後は、戦争で兄が無くなり弟が兄の妻と結婚するなどという話は多くありました。

貧しい農村などでは生きるための合理的手段として、生活に根付いたことなのかもしれません。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。