加害少年の両親

加害少年の両親

加害少年の親の対応はどうだったのか気になる事件だである。殺害前にも加害少年、被害少年が絡む警察沙汰があった脳に報道されている。ならば加害少年の親なら何らかの対応がとれていて当然であろうと思うが。 実際には、何の対応もとっていなかったと考えてもおかしくない。

親の責任追及
私は加害少年の親の責任追及をもっとすべきであると思う。 逮捕された18歳の少年の川崎市内の自宅の自家用車に落書きがされているのが5日、見つかった。少年宅ではに塀いっぱいに落書きが書かれていることが発覚。周辺の住宅街では事件発覚後、川崎臨港署への通報で署員が駆けつける騒動が複数回起きている。

殺害現場付近には情報提供求める立札 大通りから1本入った住宅街には、今も物々しい雰囲気が漂う。そこには、川崎市の中学1年、上村遼太さんの命を奪った容疑がかかる18歳少年が暮らしていた自宅がある。

警察関係者や報道陣の姿は少なくなったが、数日前、少年宅の塀に何者かによる赤いスプレーの落書きが発見された。容疑者逮捕後も収まらない、心無い行動に近隣住民は不安を募らせている。 「エスカレートして、今度は放火でもあったらどうしよう」 少年宅のブロック塀には大きく赤いスプレーで「フィリピンにかえりたい」と書かれている。

何者による犯行か分かっていないが、容疑者の母親の出身をやゆしているようにも思える。家族が消そうとしたのか、雨によるものなのか、文字は少しかすれている。

今更謝罪

もっと早く自分の言葉で話していればよかったと思うのですが。弁護士を入れて謝罪するのでしょうか。すでに遅いように思います。
謝罪にも適切な時期と対応があるのです。時期が過ぎてしまっては謝罪しても相手に伝わらなくなってしまいます。問題が問題なだけに謝っておこうかと取れてしまうのは私だけではないはずです。

18歳少年の父が謝罪の意向「謝りたい。花供えたい」
川崎市川崎区の中学1年・(13)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕されたリーダー格の少年(18)の父親が13日、取材に応じ、被害者に謝罪する意思があることを明らかにした。
この日午後、外出先から自宅に帰って来た父親は、「(被害者に)謝りたい」と神妙な面持ちで話した。殺害現場となった多摩川河川敷には今も花などを供えに来る人があとを絶たない。父親は、「いつか自分も現場に花を供えに行きたいと思っている」と語った。少年3人の逮捕後に、勤務先の運送会社を退職した父親は疲れ切った様子。18歳少年については「すみません」と答えるだけだった。
神奈川県警川崎署捜査本部は13日も、被害者のスマートフォンを投げ捨てたと18歳少年が供述した多摩川を、ダイバーら約40人態勢で捜索したが、発見できなかった。様子を見守った京都市の主婦(40)は「同じ中学1年の息子がいて、ひとごととは思えませんでした。警察も寒そうだけど、遼太君はもっと寒かったはず…」と目を潤ませながら花を供えていた。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。