不倫トラブル解決 不倫が原因での事件

時間が経つにつれ、相手の事をたくさん知っていくと、不安などが出てくるのも事実だと思います。そんな時、相談できる相手というのは中々見つからない方も多くおられます。そんなあなたのお役に私たちは立てますので一度ご相談下さい。

不倫が原因での事件

不倫が原因での事件は数多い

村に住む(29)を殺人容疑で緊急逮捕した。死亡したのは同じ村の被害者さん(47)2人は不倫関係にあり、いずれも配偶者や子供のいる、いわゆるダブル不倫の状態だった。そして、関係のもつれから、クルマで被害者さんをひき殺したのである。

 容疑者さんは地元の出身で、妻と3人の子供がおり、建設関係の仕事をしていて収入的にも不自由はなかったという。子供たちをかわいがる、近所でも子煩悩な父親として知られていた。

 一方、被害者も結婚していて、夫と2人で村営住宅に住んでおり、自らは化粧品販売店でパート従業員として働いていた。仕事振りはまじめで明るく、「感じのいい美人の店員さん」として来店客などからも評判だった。

 そんな評判のよい2人が、いつしか知り合い、そして不倫の関係となっていく。

 2人の住まいは、同じエリアの中で200メートルと離れていない。いわば「近所」の範囲だった。また、2人とも外へ飲みに行く機会が多く、居酒屋かスナックなどで知り合ったのかもしれない。

 2人ともいずれも近所や勤務先での評判はよかったが、決して問題がないわけではなかったらしい。

 まず容疑者さんは、子煩悩ではあるが、奥さんとの関係がぎくしゃくしていたという。その原因は不明だが、被害者さんに嫉妬深い一面があったともいわれている。

 また、被害者は外では明るく感じのよい態度だったが、その反面、かなりきつい性格であり、親しい者につらく当たることがあったらしい。さらに酒を飲むと荒れる性質だったともいう。そのため、事件から少し前には、彼女の夫は、妻の暴言や暴力に嫌気がさして、家に寄り付かなくなっていたとの声もある。

 そんな2人が付き合い始めて、村内の居酒屋やスナックなどで一緒に飲んでいる姿がしばしば目撃されるようになっていった。一方が飲んでいて携帯電話で呼び出し、店で合流して一緒に飲む。そんなパターンが多かったらしい。

 最初の頃こそ普通の飲んでいた2人だったが、次第に平穏ではなくなっていった。酒が深くなると、頻繁に言い争いなどをするようになっていった。最初のうちは、ちょっとした「痴話ゲンカ」のレベルだったが、次第にその度合いは激しくなっていった。

不倫から発展する事件

不倫調査に関してのお問合せをよく頂きます。旦那様の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、不倫のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。専門のスタッフが、あらゆるトラブルにご対応致します。

岡山 不倫トラブル解決 不倫が原因での事件
岡山 不倫トラブル解決 不倫が原因での事件

不倫事件1

埼玉県の住宅で男性を殺害したとして警察官の男が逮捕された事件で、男に多額の借金があり、事件後、返済していたことが分かりました。

容疑者(31)は、朝霞市の住宅で被害者さん(58)の首を絞めて殺害した疑いが持たれています。容疑者は容疑を一部、否認しています。その後の捜査関係者への取材で、容疑者には支払い期限が迫った多額の借金がありましたが、事件後、返済していたことが分かりました。現場にある金庫は扉が開き、空になっていました。容疑者は「不倫していた」「金に困っていた」と話していて、警察は現金を奪って返済に充てた可能性があるとみて慎重に調べています。

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。また恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

不倫事件2

ラブホテルの一室から服を着たまま、仰向けになって亡くなっている50代の女性が発見された。着衣に乱れはなかったが、遺体の首には絞められたような痕が残っていた事件。

 殺人の疑いで無職(31才)を逮捕し、「首を絞めて殺した」と容疑を認めているという。

 被害女性(51才)と被告は1年以上にわたり、不倫関係を続けていたという。20才を超える年の差カップルの間に起きた殺人事件。

 事件現場から車で約15分。豪邸が立ち並ぶお屋敷街に、赤レンガと白い壁が特徴的な2階建てのマンションが建つ。ここでリフォーム会社を営む夫と長男、義母の4人で暮らしていた。また彼女には独立して家を出た長女もいる。

このような、ごく平凡と思える主婦でも殺人事件に巻き込まれ、被害者になる可能性があります。

不倫事件3

不倫相手と再婚するため妻を殺害し、遺体を川に捨てたなどの罪に問われている男の裁判

 被告は去年7月、自宅で妻を殺害し川に遺体を遺棄。その後、離婚届を偽造して市役所へ提出したなどの罪に問われています。

 裁判員裁判の初公判で、被告は「ベルトで首を絞めたことは間違いありません。手では絞めていません」と話し、起訴内容を概ね認めました。

 清掃員をしていて、取材では近所の人から「真面目で人柄はいい」という声があった一方、被害者の兄の意見陳述では、スキー場で拾ったゴーグルやスポーツクラブで拾ったとするシューズを、オンラインのフリーマーケットで売ったりしていたといいます。

 被告は2年前、別の男性と婚姻関係にあった不倫相手と交際を始め、2か月後、殺害された妻に不倫が発覚しますが、その後も不倫相手との交際を続けます。

 不倫相手は当時の夫と離婚し、被告に妻との離婚を迫りました。被告は離婚を申し出たものの拒否され、ケンカが絶えなかった。

 妻の首を絞めて殺害し、川へ遺棄。殺害後、妻の記入欄を偽造した離婚届を市役所に提出していますが、受理はされませんでした。

 被告は殺人、死体遺棄、有印私文書偽造などの罪に問われて、おおむね認めています。

 検察側は「不倫相手から『離婚しなければ別れる』と迫られ、離婚に応じない被害者への殺意が芽生えていた。被害者は復縁を望み周囲にも相談をしていて、本当に『殺してほしい』と望むはずがない。殺害方法は解剖医の証言から、ベルトだけでなく手でも首を絞めた」と主張しています。

不倫トラブル解決 不倫が原因での事件
不倫トラブル解決 不倫が原因での事件

不倫トラブル解決手順

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか、そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

まずはヒアリングから始めてください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

岡山 金銭トラブル