岡山 高齢者ストーカー

岡山 高齢者ストーカー 対応調査 岡山県内対応

つきまとい行為や盗聴・盗撮、 執拗な無言電話、メールなどから次第にエスカレートしていきます。大きな事件にもなりかねない問題です。現にニュースを騒がす事件は年間何件も起こっています。法改正により警察が介入できるようになったからと言って治まっていないのが現状です。

高齢者ストーカーの現状

ここ最近増えている相談が高齢者ストーカーです。
「金沢市に住む80歳男性が60代女性宅にわいせつな雑誌を投函し続けて逮捕」という事件が報道された。

これまでも、「大阪市の74歳男性が喫茶店経営の60代女性につきまとい逮捕。さらに執行猶予中にまた逮捕」や「名古屋市の74歳男性がアパート管理人の60代女性に9000回の無言電話をかけて逮捕」といった高齢者によるストーカー事件があったが、80歳は史上最高齢。最終的にコトに至れるかどうかはさておき、ストーカー老人が紙面を賑わすケースは近年増えている。

高齢ストーカーの増加は、警視庁ストーカー対策室も危惧しているようだ。これまで高齢者によるストーキング行為を「50歳以上」という一つのくくりで集計していた。しかし平成18年からは「50~59歳」「60~69歳」「70歳以上」とより細かく分類し、集計するようになった。それまでの「わざわざ項目を作るほど多くないだろう」という常識が通用しなくなったのだ。

ストーカーを事件にせず解決したい方は当社へ相談ください。

異変に気付いたなら、いつごろから、どのようなことがあったのか わかりやすく記録を取るようにしていくことも必要です。また ストーカー規制法 が制定され、警察も介入できるようになりましたが、証拠がないと思うようにはなかなかいきません。自分の身は自分で守る・・。 その意識が必要です。

東京での女子高生殺害事件のような元交際相手からのストーキングの場合では『リベンジポルノ被害』も増えています。公にされたくない裸の画像や映像を持ち出し、会うことを強要されることもあります。誰にも知られたくない内容ですが、早期解決が貴方を救います。秘密厳守ですので安心してご依頼ください。

岡山 高齢者ストーカー 対応調査
岡山 高齢者ストーカー 対応調査

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。プロの探偵と言うことは、クライアントの抱える悩みを解決してきた事績に支えられトラブルを解決するプロです。
クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

当社では、無料のサービスをクライアント以外には行うことをしていません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 高齢者ストーカー ストーカー原因

近年、高齢者のストーカーが増えているのか。 「この世代は仕事一筋で打ち込み、激しい競争社会を生き抜いてきた人が多い」とした上で、退職後に人生が一変することが影響すると分析。「男性は女性に比べて地域のコミュニティーなどにも溶け込めず、孤立してしまいがち。寂しさを埋めたいという気持ちから、女性に過度に期待してストーカーに走る人もいる」という。その他の特徴として、他人の忠告を聞き入れないということもある。家族とのコミニケーションも取れていないことが多い。

プライド 拒絶にもろく

例えば、県警に逮捕された男の場合、家族によると、ストーカー行為が激化した昨秋、妻を亡くしていた。自分は肺がんを患っていたという。さらに家族は「会話をすることすらなく、「あの人はあの人」と割り切った関係だった」と明かしている。

当社ではここ10年、高齢者絡みのトラブル相談が増えています。「高齢者は社会的地位が高い人も多く、拒絶されることに慣れていないケースが多く、恋愛がうまくいかないだけで行動をエスカレートさせてしまうこともあるのではないか」と話している。また、男性の高

高齢者の中には、地域、社会とのコミニケーションが苦手な方も多いと感じます。
これからは高齢者が絡んでくるトラブルがもっと増えう行くことでしょう。

岡山 高齢者ストーカー 対応調査
岡山 高齢者ストーカー 対応調査

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、無料のサービスをクライアント以外には行うことが困難で、無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

72歳女性がストーカー被害 高齢者ストーカー事件

焼け跡から遺体で発見される!老人痴情のもつれか

遺体はストーカー被害の72歳女性か、「結婚したい」と迫られる警察にストーカー被害を訴えていた72歳の女性とみられる遺体が見つかった殺人事件。女性は「結婚したい」「一緒に死にたい」などと繰り返し男に迫られていたことが関係者の話で分かりました。

正月の静けさを打ち消す消防の消火活動。発生した火災によって長屋の1世帯が全焼。焼け跡から、この家に住むとみられる女性の遺体が見つかりました。

「車がないから(家の中に)いないと思った。他の場所に止まっていた。(車は)ズドンと頭から止めてあった。そんな人じゃない。(普段は)きちんと止める人」(近所の住民)女性は火災で死亡したわけではありませんでした。その後の調べで、何者かに殺害されていたことがわかったのです。

司法解剖の結果、遺体には窒息死特有の痕跡があったほか、左右のろっ骨が折れ、顔や腹部に皮下出血がありました。夫と2人暮らしだった好江さん。しかし、出火当時、夫は高齢者福祉施設にいて不在でした。一体、何が起こったのでしょうか。

顔見知りの男が無言電話や待ち伏せなどストーカー行為を繰り返していると、おととし11月から去年7月までの間に9回にわたって警察に相談。警察が2回、この男に警告していました。

親戚は、好江さんのめいからこんな話を聞いたといいます。「結婚したい一緒に死にたい」と言われたことがあると漏らしていたと。

一方的に好江さんに好意を抱いていたようですねと親戚の話。家には現金20万円が入った袋が残されていたそうです。警察は、ストーカー被害との関連性について慎重に調べを進めています。

ストーカー対策 岡山
ストーカー対策探偵アンバサダー調査事務所岡山

ストーカーは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ストーカーでお困りの際は一度、現状把握調査を依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

高齢者ストーカー急増

60歳以上のストーカー、10年で3・8倍に急増
 高校3年の女子生徒が刺殺された事件の発生でストーカー犯罪への関心が改めて高まる中、増加傾向にあるストーカー被害の中でも、60歳以上の加害者が急増していることが、警察庁への取材でわかった。

 加害者の大半は男性で、10、20、30、40、50歳代の各増加率は昨年までの10年間で1・5~2倍だが、60歳以上は3・8倍。専門家は「背景に高齢者の社会での孤立化があり、対策が急務だ」と指摘している。

 同庁の調査では、摘発(逮捕、書類送検)や警告のほか、相談を含む全体のストーカー被害は昨年、過去最悪の1万9920件で、2003年の1・6倍に増え、加害者を年代別にみると、20、30、40歳代で毎年、全体のほぼ6割を占める。60歳以上は1割以下だが、03年に60歳代が383人、70歳以上が90人だったのが、12年は1329人(3・4倍)と505人(5・6倍)にそれぞれ増えた。
 ストーカー被害については、女性会社員が元交際相手の男(同○○歳、自殺)に車で衝突されて殺害された事件があった県警が積極的に捜査を展開。昨年、全国で摘発された351件のうち、同県警は最多の47件に上る。

 県警によると、かつて交際していた70歳代の女性宅に押しかけたとして住居侵入容疑で逮捕され、その後、ストーカー規制法違反容疑で追送検された80歳代の無職男は調べに「妻に先立たれ、さみしかった」と供述。男は妻の死亡後、以前、不倫関係にあった女性に何度も復縁を求め、「一緒に死んでくれ」と迫っていた。

 県警は今年、飲食店の歳代の女性店員に交際を拒否され、2日間に計62回も電話をかけた男ら37人を9月末までに逮捕するなどした。このうち4人が60歳以上で、捜査幹部によると、死別や離婚で独り身になった男性が、年下の女性に 執拗 ( しつよう ) に交際を迫るケースが目立つという。

 なぜ高齢男性がストーカー行為に走るのか。
 ストーカー被害者の支援を行う法人理事長は、競争社会を生き抜いてきた団塊の世代を中心とする男性には、今なお「男性優位」の考え方が残っていることを要因の一つに挙げる。

 法人が1999年に設立されて以降に受け付けた相談約1500件のうち、加害者の2割が高齢男性といい、理事長は老い先短いからと自暴自棄になったり、青春を取り戻したいと思ったりした時に独善的な考えに陥り、そのはけ口を女性に求めてストーカー行為に及ぶ人が多いようだ」と分析している。

岡山 ストーカー対応
岡山 ストーカー対応 探偵アンバサダー調査事務所岡山

 この高齢者のストーカーはもうひとつ要因がある。それは時間に余裕があり、考えることは異性のことばかりと、異性に固執しやすいこともあがられる。

ストーカー被害は、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ストーカーでお困りの際は一度、現状把握調査を依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。