岡山 ロリコン被害解決相談 対策

小学校で講師が下半身裸の児童の動画を撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕されました。容疑者がどういう意図で撮影したのかはいまのところ不明ですが、もし性的な目的があったとしたら「小児性愛障害」の可能性があります。俗に「ロリコン」と言われるものですが、精神疾患として定義されているのです。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える様々な悩みを解決してきました。

警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

岡山 小児性愛障害 ロリコン 被害解決

思春期前の小児を性的対象とするのが「小児性愛障害」(ペドフィリア)です。精神疾患のマニュアルであるDSM-5では、「少なくとも6か月間にわたり、思春期前の子どもまたは複数の子ども(通常13歳以下)との性行為に関する、性的に興奮する強い空想、性的衝動、または行為が反復する」(小児性愛障害 基準A)と定義されています。

なお同書の基準Cでは、通例、16歳以上の人が5歳以上年長で、13歳以下の小児を、空想上または実際の性的対象として、苦痛や対人的困難を引き起こしていることが要件に挙げられています。ロリコンといえば「オジサンの性的嗜好」というイメージがありますが、この基準に照らせば、16歳の少年が11歳以下の子供を性的な対象ととらえることも小児性愛障害なのです。

岡山 ロリコン被害解決相談 対策
岡山 ロリコン被害解決相談 対策

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 身近な子供が対象になる

一般に小児性愛者は、対象となる小児の知人、つまり、家族や義理の親、教師などの場合が多いようです。特に、その対象を自分の身内に向けるとDV(ドメスティックバイオレンス)や性的虐待のケースとなります。

複数の小児が対象の場合、近隣の子供が犠牲となることもあります。その際、性的行為を強要するだけでなく、脅迫による口封じをしたり、「小児も求めていた」と妄想にかられたり、合理化したりといったこともよくあるようです。

ロリコン事件

集合住宅で小学生の女の子にわいせつな行為をした際、その様子を撮影してタブレット端末に保存していた疑いで無職の男が再逮捕されました。

集合住宅で小学一年生の女の子の下半身を触るなどわいせつな行為をして、その行為を撮影しタブレット端末に保存した疑いがもたれています。

容疑者は「仕事でむしゃくしゃした気持ちがあり、わいせつな行為をして発散していた。動画はコレクション。あとで見るために撮影した」と容疑を認めています。

容疑者は別の小学生の女の子に対してわいせつな行為をした疑いで逮捕された際、自宅から押収されたタブレット端末に今回の事件の動画もその中から見つかっていたということです。

複数の女の子のわいせつ動画が見つかっていて、警察は余罪についても捜査を進めています。

この様な事件はどこでも起こってしまうのです。

セクハラ男性教授

教師のセクハラは、多く、この犯罪は以前はほとんど泣き寝入りしていたのでしょうか。教師などの職業の事件は他の業種より加害者の比率は多い気がします。

実に多い教授・助教授セクハラ

女子学生に無理やりキスするセクハラ行為をしたとして教育学部の男性教授(54)を懲戒解雇にしたと発表した。男性教授は大学のハードディスクをセキュリティー対策をせずに持ち出し個人情報を流出させたとして、千葉大が同ハードディスクを調査したところ、女性用下着の画像を撮影、保管していたことも判明。一部はキスされた女子学生のものだった。千葉大は男性教授の名前を公表していない。

千葉大によると、男性教授は昨年8月、ネパールでの研究旅行に、「単位を取らせる」などと言って女子学生2人を同行。うち1人の女子学生に現地で無理やり3回キスをした。女子学生が帰国後、学部内のセクハラ相談員に「ビールを勧められ意識がもうろうとしている間にキスをされた」と訴えた。女子学生は県警に被害届を出した。

岡山 ロリコン被害解決相談 対策
岡山 ロリコン被害解決相談 対策

男性教授は昨年3月、大学のハードディスクを自宅に持ち帰り、学生名簿など延べ約4万7千人の個人情報がインターネットに流出させていたことが判明。同大の調査で、データの中から女性用下着の画像が見つかった。

画像は約50枚あり、過去数年にわたり学生とゼミ合宿などへ行った際に、かばんから勝手に取り出した下着を広げて撮影していたとみられる。キスをされた女子学生の下着も含まれていた。千葉大は画像問題の発覚後、男性教授を担当から外したうえで学生との接触を禁じていたが、研究旅行に女子学生を誘っていたという。セクハラ男性教授

教師のセクハラは、多く、この犯罪は以前はほとんど泣き寝入りしていたのでしょうか。

女子学生に無理やりキスするセクハラ行為をしたとして教育学部の男性教授(54)を懲戒解雇にしたと発表した。男性教授は大学のハードディスクをセキュリティー対策をせずに持ち出し個人情報を流出させたとして、千葉大が同ハードディスクを調査したところ、女性用下着の画像を撮影、保管していたことも判明。一部はキスされた女子学生のものだった。千葉大は男性教授の名前を公表していない。

岡山 ロリコン被害解決相談 対策
岡山 ロリコン被害解決相談 対策

千葉大によると、男性教授は昨年8月、ネパールでの研究旅行に、「単位を取らせる」などと言って女子学生2人を同行。うち1人の女子学生に現地で無理やり3回キスをした。女子学生が帰国後、学部内のセクハラ相談員に「ビールを勧められ意識がもうろうとしている間にキスをされた」と訴えた。女子学生は県警に被害届を出した。

男性教授は昨年3月、大学のハードディスクを自宅に持ち帰り、学生名簿など延べ約4万7千人の個人情報がインターネットに流出させていたことが判明。同大の調査で、データの中から女性用下着の画像が見つかった。

画像は約50枚あり、過去数年にわたり学生とゼミ合宿などへ行った際に、かばんから勝手に取り出した下着を広げて撮影していたとみられる。キスをされた女子学生の下着も含まれていた。千葉大は画像問題の発覚後、男性教授を担当から外したうえで学生との接触を禁じていたが、研究旅行に女子学生を誘っていたという。

岡山 ロリコン被害解決対策

ロリコン被害解決相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

ロリコントラブルが起こった時の解決方法は弁護士や警察だけと思われがちですが違います。解決のノウハウを買う時代です。ネット上をいくら探してもあなたのトラブルを解決してくれる知恵など書いていません。誰にも相談できずに一人で悩んでいる方は探偵アンバサダー調査事務所岡山へお問い合わせください。

家族や職場にバレないように解決したい方からもご依頼が寄せられています。誰にも知られず解決というのが理想です。泣き寝入りせず、解決向けて取り組む方を全力でサポートいたします。証拠をお持ちでない方も諦めずにご相談ください。

トラブルや悩みは、一日でも早く解決し、日常を取り戻していくことが人間として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。私共は、トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんなトラブルやお悩みのごを解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。