岡山 土下座の強要 強要トラブル解決

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える強要の悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。
クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、強要トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法、解決方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

土下座とは、土の上に直に坐り、平伏して座礼を行うこと。日本の礼式のひとつで、本来は極度に尊崇高貴な対象に恭儉の意を示したり、深い謝罪や請願の意を表す場合に行われるため、互礼ではなく、一方のみが行うが、土下座の意図に対して土下座された相手がお断りを示す為に同じ体勢になることがある。

相手に向かい正座した上で、手のひらを地に付け、額が地に付くまで伏せ、しばらくその姿勢を保つ。現代では土の上とは限らず、本来は座礼をしないような床(洋間の床など)や舗装地などで行われるものも土下座と称される。

岡山 土下座の強要 強要トラブル解決
岡山 土下座の強要 強要トラブル解決

原則としては相手の位置以下の高さから行うべきものではあるが、多数を相手に行う際に相手の位置まで下りて行うと一部からしか見えなくなってしまう場合などで、変則的に壇上などの高い位置から行われることもある。

現代では客観的に見たその姿のおかしさから、ジャンピング土下座、スライディング土下座、土下座人形などがグッズとして販売されている。

強要事件

強要事件:強要罪は、刑法で規定された個人的法益に対する犯罪。権利の行使を妨害し、義務なきことを強制することで成立。

保護法益は、意思の自由。刑法 第二編 罪 第三十二章 脅迫の罪に、脅迫罪とともに規定されている。

更に、人を逮捕・監禁して第三者に義務なき行為を要求した場合、特別法である人質による強要行為等の処罰に関する法律により重く処罰されるということを知っておいて欲しい。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

強要容疑で姫路の会社員逮捕

スーパーマーケットで店長らに土下座させたとして、会社の容疑者38歳を強要容疑で逮捕した。容疑者は容疑を認めているという。
逮捕容疑はスーパーで男性店長と男性店員に因縁をつけ土下座を強要した、とされる。

容疑者はレシートの記載内容について店員にしつこく説明を求めたが、満足いく回答が得られず腹を立て、謝罪した店長と店員に「もっと頭を下げろ」などと怒鳴り、床に手をついて謝らせたという。店側が被害届を出していた。

衣料品チェーン脅迫事件

衣料品チェーン店内で、子連れの主婦が大声を出した。店で購入したタオルケットに、穴が空いていたというのだ。

店に来るのに使った交通費を返せと幼い娘の目の前で店員に詰め寄った主婦は、対応した店員2人に土下座させて写真を撮ったうえ、自宅まで謝罪に来るよう言った。

主婦が、土下座写真をインターネット上で公開した直後、匿名掲示板では、店員を土下座させたクレーマーがいる、という噂がネット上で広がった。炎上の格好の標的となった女性は、ネットポリスに氏名や住所を暴かれ、自宅近くで娘と一緒の写真まで撮られてしまうという事件も起きている。

店員からの被害届を受けて、女性が警察に逮捕された。

岡山 土下座の強要 強要トラブル解決
岡山 土下座の強要 強要トラブル解決

ネット上には、こんなモンスタークレーマーには同情の余地もない、などという声が溢れ、よくあるのは、暴力団関係者などが相手を脅してカネを巻き上げようとするケースなどでの逮捕容疑が一般的でしたが、主婦である女性に適用されました。

逮捕された主婦は、写真とともに、ツイッターに書きこんだだ内容が次のようなものでした。

従業員の商品管理の悪さの為に客に損害を与えたとして謝罪する店の店長代理と平社員。実名で書き込んだようです。

停止を強要 あおり運転

常磐自動車道で昨年8月に起きたあおり殴打事件などで、強要と傷害の罪に問われた会社役員に、地裁は、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予4年求刑懲役3年8月の判決を言い渡した。

 ドライブレコーダーによって事件は社会に衝撃を与え、あおり運転を厳罰化していく流れとなった。一種の迷惑行為として以前から知られていた「あおり運連」

 あおり運転が社会問題化したきっかけは、高速道路で起きた事故では、4人の乗るワゴン車があおり運転末に追い越し車線上に停車強要させられ、大型トラックが追突し夫婦が死亡、娘2人が負傷した事件。ワゴン車を追い掛けて何度も進路をふさぎ、追い越し車線に無理やり停止させて事故を誘発したとして男を逮捕した。罪名は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)と暴行の疑いだった。

 警察は、より厳しい同法の危険運転致死傷罪を検討したが、運転中の事故ではなかったため断念。この判断に遺族からは「軽い罪では納得できない。今の法律で無理なら法改正してほしい」という声もあがっていた。その後横浜地検が危険運転致死傷罪で起訴。地裁は同罪の成立を認め懲役18年を言い渡した。

しかし、二審判決は同罪の成立を認めたものの、一審の訴訟手続きが違法だったとして地裁に審理を差し戻した。

 命を脅かす危険な行為にもかかわらず、法に明確な規定のないあおり運転。警察庁は抑止のために、全国の警察に向けて厳正な捜査の徹底と積極的な免許停止の行政処分の実施を求めるよう通達した。具体的には、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)や暴行罪など、あらゆる法令を駆使した摘発を進めていくというものである。

あおり運転も強要の形の一つです。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。