近隣トラブル 岡山

岡山 近隣トラブル解決 相談【悩み問題トラブルを解決できる探偵】

岡山 近隣トラブル

最近、嫌がらせ・近隣トラブル解決の依頼が急激に増加しており当社でも受件件数上位に挙がってきています。些細な口論から発展するケースや誤解などならまだしも、全く身に覚えがなく知らず知らずの内に相手が根に持ち恨みに変わっていくケースがここ数年で以上に増えてきていると感じます。

近隣トラブル調査 岡山 倉敷 津山

ストーカーと同様に小さな事から徐々にエスカレートし、最終的に傷害・殺人事件にまで発展します。年々手口は陰湿化や巧妙化してきており、犯人が特定できない場合や犯人が特定出来ていてもどうする事も出来ずに泣き寝入りしてしまう事が多いようです。

事態が大きくなる前に証拠を入手し、犯人への示談の持ちかけや警察への早期立件・立証が必要でが、実際に犯人を特定して話をしてみると、まともな相手はほとんどいないのが実情です。

なるほど、これなら近隣トラブルで殺人事件もあり得るなと思える人が犯人となっているケースが大半で、精神に異常があると思える人ばかりです。

近隣トラブル調査 岡山 倉敷

これは当事者が直接話し合いをすると、相手に憎悪だけうえつけるだけだと思います。また犯人が夫婦で二人とも、精神的におかしい感じたうえ、さらに子供まで会話にならないなどという例もありました。この様な人にとって警察、法律全く通用しないのは当たり前のことです。

このような近隣トラブルを解決する手段として、私どものような第三者機関を利用するのは、解決のための賢い選択になってきたようです。

当社は、創業30年の探偵調査事務所です。プロの探偵と言うことは、クライアントの抱える悩みを解決してきた事績に支えられトラブルを解決するプロです。
クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

当社では、無料のサービスをクライアント以外には行うことが困難で、無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

精神疾患、孤立する家族

家族トラブルは、近年遺産相続の問題であったり、金銭トラブルなど、避けては通れない事も多々あるのが現状です。しかし家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか?そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。


精神の障害を抱えた家族の暴力に悩み、家族を殺してしまった父親の裁判の記事に、多くの反響が寄せられました。「どうにかならなかったのか」「ひとごととは思えない」。そうしたなかで、切実な思いを打ち明ける手紙を寄せてくれた家族に、話をうかがいに行きました。

「私たちも、ありとあらゆる苦難とともに生きています。娘を殺さなければ家族の誰かが殺されるか、巻き添えで死ぬことになるのではという恐怖とともに生きてきました」

神奈川県に住む50代の女性は胸の内を打ち明けた。いまは20代になる長女が摂食障害を起こしたのは、14歳の時。その後、精神疾患の疑いがある、と医師に告げられた。学校に行けなくなり、入退院を繰り返した。16歳ごろからは暴力がひどくなり、女性に塩酸が原料の洗剤を飲ませようとしたり、夜中にわめいて暴れたりすることも増えた。

「警察に連絡をすると、『またか』という対応をされ、それでも何度も呼びました。真夜中のサイレン、無線の音、近所の不審そうな目、いまでも忘れません」

暴力がひどくなった時こそ、長女を入院させてほしかった。しかし、精神科医には「ベッドが空いてない」「本人の意思を尊重した方がいい」と断られることがほとんど。自分や他人を傷つけるなどの恐れがあると認定された時に強制的に入院させられる措置入院を警察に願い出たが、長女は警察官の前では落ち着きを取り戻し、「措置入院は無理です」と断られた。

女性は精神病に関する専門書を何冊も読み、著者である医師のもとへも相談に行った。保健所にも相談した。しかし、解決策は見いだせなかった。「うちでは対応できません」と断られることも。暴れる長女を夫と2人で押さえつけながら、早朝に病院に駆け込む日が続いた。

岡山 近隣トラブル解決

命の危険を感じ、家庭内暴力(DV)に関する相談所に駆け込んだこともあった。だが、DVの対象は配偶者やパートナーで、子どもからの暴力は対象外として、シェルターに入ることはできなかった。

「子どもが暴れるのは親の育て方が悪いという土壌がある。だから、親が駆け込む先がないのではないでしょうか」「結局、家族が自らの命と引き換えに本人を引き取るしかない」

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

当社では、無料のサービスをクライアント以外には行うことが困難で、無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

近隣トラブルの解決法

近隣トラブルといえば、様々ありますが、

増えているのはマンションでのトラブルです。

両サイドだけではなく、上下の部屋の住人とのトラブルもよくあります。

騒音だけではなく、床や壁に響くような行為も問題に発展します。

このような行為は、建物の構造、使われている素材の質や特徴にも関係するので、以前住んでいた場所では問題なかった行動も、引っ越し先ではトラブルになってしまう事もあるのです。

また、盗聴被害や電磁波に夜被害を訴える方もおり、精神的にも肉体的にも大きな影響を受けています。

解決への第一歩は、調査です。調査なくしては始まりません。

調査依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所

086-226-1099

岡山 近隣トラブル解決

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

当社では、無料のサービスをクライアント以外には行うことが困難で、無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

隣人クレーマー対応隣人 トラブル クレーマー対応

クレーマー対応 絶対にしてはいけないこと

隣人トラブルで避けて通れないのが隣人からのクレームであり、その対応です。
多くの住宅地で、クレームはお互いの為に必要なことが多いのですが、中に何の根拠もなくダダ迷惑灘といったことも多く貴重な意見として「ありがたく頂戴するもの」とは思えないものがあります。

なかには明らかな言いがかりをつけてきたり、理不尽な要求をしてくる人がいるのも確かにあります。そんなクレーマーが引き起こすトラブルにも巻き込まれないためにも、基本的なことがあります。

こういったクレーマーへの対処法で重要なことがあります。
お詫びや同調・同意は絶対してはならない。

こちらに非がなく、明らかに言いがかりだと思われるクレームへの対応で大事なのは、とにかく相手のペースに入らないことです。そのためにはお詫びの言葉や、相手への同調・同意は禁句。

クレームが入ると「大変申し訳ございませんでした」「おっしゃることはよくわかります」などといったセリフを反射的に使ってしまう人は要注意です。それによって「それは非を認めたってことだろ。だったらこっちの意向を受け入れるべきだろう」という展開になってしまったら向こうの思うつぼなのです。

クレームとクレーマーは違うということを認識し、対応に区別をする必要があるのです。
どう区別したらよいのか、ここが重要となるのです。

よく話を聞き、要求を的確に把握すること、これが、クレーマー対策の基本とクレーム対応の基本です。

岡山県 近隣トラブル解決

要は、初期対応で選別する必要があるのです。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

隣人ではありませんが、教師も悪質なクレーマーに悩まされることが多い職業の一つです。悪質なクレーマーの性で心を病む教師は後を絶ちません。

教員の負担

隣人トラブル解決

親の責任についてもっと考える必要が出てきたのではないかと思う。子供の問題で教員に責任を押し付けているようでは、子どもに未来は無い。
小中学校の教員が日ごろ大きな負担に感じているのは、国の調査への回答や保護者からの苦情対応だったことが、文部科学省が27日公表した教職員の業務実態調査で分かった。一方、教材研究や補習授業はさほど負担に感じておらず、授業以外の業務が圧迫していることがうかがえる。文科省は今後、事務職員や福祉の専門家であるスクールソーシャルワーカーなど各分野の専門家を拡充し、さまざまな問題に組織で対応する「チーム学校」の徹底を図る方針だ。

保護者の苦情対応
調査は昨年11月、全国の公立小中学校から抽出した451校の計9848人の教職員を対象に実施した。授業や成績評価など子どもの指導に関する41業務と、調査への協力や苦情処理など学校運営に関する30業務について、それぞれ従事状況や負担感を聞いた。

その結果、これらの業務は副校長・教頭と教員に集中していることが分かった。中でも負担感が最も大きかったのは「国や教育委員会からの調査への回答」。小中学校ともこの業務に従事する9割の教員が「負担」「どちらかといえば負担」と答えた。文科省によると、国や教委への調査回答件数は、情報化実態調査や英語教育実施状況調査をはじめ、いじめなどの月例報告も含めると年間500件という学校もあるという。次に目立ったのが「保護者・地域からの要望・苦情への対応」で、小中とも7割の教員が「負担」に挙げた。

いじめや不登校など「問題行動への対応」を負担と感じている教員は小中とも5割強。中学教員では5割が部活動の指導・引率を負担と答えた。

一方、「教材研究」や「放課後や朝の学習指導」を挙げたのは小中とも2割。子どもや保護者との相談も3割程度だった。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。