岡山 浮気の慰謝料請求

浮気の慰謝料請求 夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為(浮気・不倫)をした場合、損害を被った配偶者は、貞操義務に違反した配偶者と異性の愛人に対して、貞操権侵害による精神的苦痛の慰謝料として、損害賠償を請求することができます。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、無料のサービスをクライアント以外には行うことはありません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。

岡山 浮気の慰謝料請求
岡山 浮気の慰謝料請求

岡山 浮気の慰謝料請求

岡山市内で、クライアントの妻は事務職としてパートとして働き始めたのは5年前です。クライアントは、妻の携帯にパート先の役員からの飲み会のお誘いのメールが来ているのを見てしまったため、妻の浮気を疑ったのです。

そのことがきっけけとなり、浮気調査の依頼に踏み切ったのです。

調査結果としては、週に1回ペースでラブホテルで浮気をしていたのです。浮気相手と妻に慰謝料を請求したいと考えました。

しかし、相手と妻に十分な話し合いをしたいという要望があり、その対応策を考え対応をしました。

話し合いでは、相手方は慰謝料の支払いを逃れようと、「肉体関係はない。好きじゃなかった。」と主張しておりましたようです。

当方は、3回も不貞行為の証拠を確保していることもしらずにうそをついてきたのです。

日本では、不貞行為自体に違法性があるとして慰謝料の請求を認めています。 これら民法の規定を根拠に、共同で不法行為をした配偶者と異性の愛人に対し、精神的苦痛を受けた配偶者は、慰謝料として損害賠償の請求をすることができます。

このことで、クライアントは、双方から慰謝料と、十分に納得して離婚をすることが出来ました。 

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

枕営業に浮気の慰謝料請求は認められるのか

枕営業 妻の賠償請求を棄却   客を確保するために性交渉したクラブのママの「枕営業」は、客の妻に対する不法行為となるのか、こうした点について、東京地裁が「売春と同様、商売として性交渉をしたに過ぎず、結婚生活の平和を害さない」と判断し、妻の賠償請求を退ける判決を出していたことがわかった。

判決は裁判では、東京・銀座のクラブのママである女性が客の会社社長の男性と約7年間、繰り返し性交渉したとして、男性の妻が「精神的苦痛を受けた」と女性に慰謝料400万円を求めた。

判決で裁判官は売春を例に挙げ、売春婦が対価を得て妻のある客と性交渉しても、客の求めに商売として応じたにすぎないと指摘。「何ら結婚生活の平和を害するものでなく、妻が不快に感じても不法行為にはならない」とした。

そのうえで、枕営業は「優良顧客を確保するために要求に応じて性交渉をする営業活動」とし、「枕営業をする者が少なからずいることは公知の事実だ」と指摘。

「客が店に通って代金を支払う中から、間接的に枕営業の対価が支払われている」として、枕営業と売春は「対価の支払いが、直接か間接かの違いに過ぎない」とした。

判決によると、男性と女性は2005~12年、月に1、2回のペースで主に土曜日に、昼食をとった後、ホテルに行って夕方に別れることを繰り返した。この間、男性は同じ頻度で店に通っていたため、裁判官は「典型的な枕営業」と認定し、妻の請求を退けた。妻は控訴せず、判決が確定した。

浮気の慰謝料が認められないケース

パートナーが浮気をしていたときに、慰謝料を請求できる典型的な例は、浮気相手に肉体関係がある場合です。パートナー以外の者と肉体関係を結ぶことを、法的には、「不貞」と言います。

パートナーが異性の友人や同僚と仲良くしているとか、数回デートをしたなどは、辛い思いをしたとしても、慰謝料請求が認められる可能性は低いでしょう。

ただし、性行為がない場合であっても、それに類する行為があるとか、異性の友人等との交流が頻回であって、さまざまな条件が整えば、慰謝料が認められたケースもあります。

大前提として、慰謝料請求が認められるには、損害の発生が必要です。浮気の不貞行為より前の時点で、既に婚姻関係が破たんしていた場合には、この損害が発生しないため、慰謝料請求は認められることは無いでしょう。

浮気の慰謝料請求の手順

浮気の慰謝料とは、浮気によって「精神的苦痛」を受けたことに対して支払われる金銭のことをいいます。

パートナーに浮気をされた場合、慰謝料請求したいと思うことは自然なことです。

精神的苦痛は目に見えないもので、金額の算出の決まったものは無いので、あなたが苦痛を感じ、浮気の慰謝料請求し相手が支払えばそれでよいのですが実際はあなたの思いどうり金銭が支払われることは無いでしょう。浮気の慰謝料の請求が法的に認められるためには、いくつかの要件が必要があります。

浮気の慰謝料を請求したいと思っているけれども、手順がよくわからないという方もいらっしゃると思いますが、それより重要なことがあります。

それは浮気の証拠を持って対応を考えることがまず最初で、対応を十分に練る事が浮気の慰謝料請求をするにはには必須です。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。