岡山 不倫とは 不倫の証拠 主張立証責任

不倫とは、なに、

 不倫というとどのようなイメージを思い浮かぶでしょうか。一度限りの浮気、あるいは結婚関係の最終的な破綻をもたらすドロ沼の愛憎劇。あるいはテレビドラマでは略奪愛などといってロマンティックなイメージをもたらすものもあるようです。

 本来不倫とは倫理に外れた行為全般を指した言葉ですが、現在ではもっぱら結婚している人が結婚相手以外の人と関係を持つことに対して使われています。

 しかし、この不倫の定義はなかなか難しく、どこまで許されるのか、許されるわけはないのですが、どこから不倫とされるのかの線引きは必ずしもはっきりとしているわけではありません。

不倫の既遂時期は、など厳密にいえば専門家でもわかれるところです。

 性交渉の有無。夫や妻がいながら他の相手と性交渉を行えばそれは間違いなく不倫とされます。

 なら性交渉がない状態でデートや密会などをしている関係に対しては不倫として扱われるのか、たとえばかつて付き合っていた恋人と肉体関係なしに会い続けていることは不倫となるのかどうか。そのため当事者同士で認識が大きく異なるケースも出てきます。妻(夫)が不倫した、と思っているにも関わらず当の本人はその自覚がまったくないといったこともあるのです。

 性交渉が伴う場合にも状況によって捉え方が異なってきます。恋愛関係が伴うもの、あるいはセックスフレンドのように恋愛関係は存在しないものの、継続的な肉体関係を築いているもの、また風俗で一時的な性交渉を行うもの。これらの状況によって不倫の意味合いもずいぶんと異なってきます。

 不倫とひと言で行っても状況や本人たちの捉え方によってずいぶんと内容が異なってくるものなのです。それが夫婦関係をさらにこじらせてしまう要因にもなっています。

 はっきりしていることは、パートナーを悲しませてはいけないということです。

岡山 浮気調査 不倫調査 浮気 不倫の悩み解決

岡山 不倫とは 不倫の証拠 主張立証責任
岡山 不倫とは 不倫の証拠 主張立証責任 探偵アンバサダー調査事務所岡山

不貞行為とは

配偶者以外の者と「性的関係」を結ぶこと

「既婚者が『不貞な行為』(民法770条1項1号)をおこなったり、夫婦間に『婚姻を継続し難い重大な事由』(同法770条1項5号)が生じれば、離婚や慰謝料の支払いといった法律的なリスクにつながります」
キスフレは「不貞な行為」や「婚姻を継続し難い重大な事由」にあたるのだろうか。

「判例によれば、不貞行為とは、配偶者のある者が自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と『性的関係』を結ぶことをいいます。ここで注意すべきは、『性的関係』という表現がされていることです。つまり、『セックス(性交)』に限定しているわけではありません」

それでは、判例がいう「性的関係」とは、具体的にどんな関係なのか。

キスフレでも、不貞行為にあたる可能性がある

「この『性的関係』をめぐっては、広めに捉える見解が有力です。この見解によると、男女のキスはもちろん、同性同士のキスも『性的関係』にあたり、『不貞な行為』となる可能性があります。

このような観点からは、『キスフレ』も不貞行為にあたり、損害賠償や離婚の根拠になり得ると考えられます」

「仮に不貞行為と認められなくとも、損害賠償や離婚の根拠になり得るといえるでしょう」と付け加える。
「なぜなら、キスフレは配偶者以外の者との親密な交際ですから、夫婦関係が破綻する原因としては十分であり、『婚姻を継続し難い重大な事由』にあたるからです」

「その訴訟で、裁判所は『被告がアメリカ人であることからすれば、抱擁やキスをもって不貞行為と評価することもできない』として原告の請求を退けたのですが、被告が日本人であれば不貞行為と認定された可能性もあったでしょう」

つまり、キスだけの関係である「キスフレ」だとしても、離婚を突きつけられる原因になる可能性があるというわけだ。正式なパートナーがいる人は、安易に「キスフレ」の誘いにのらないように、気を付けたほうが良さそうだ。

「お悩み相談」、「浮気相談」のみの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

岡山 不倫とは 不倫の証拠 主張立証責任
岡山 不倫とは 不倫の証拠 主張立証責任

不倫の証拠 主張立証責任

 不倫を立証するためにははっきりとした証拠が求められます。しかしこれがなかなか素人には困難なものです。離婚訴訟などで離婚理由として不倫を持ち出す場合には不倫相手との肉体関係を立証することは、離婚の主張、慰謝料を主張する側か証拠を用意必要があります。ただ密会している証拠だけではなかなか不倫の立証が難しいのが現状です。

 離婚協議や裁判や訴訟まで進展したケースでは、不倫した側は一度その事実を認めながら後になって撤回するケースも少なくありません。また最初から否定する場合も多く、慰謝料や財産分与などで不利にならないためにも証拠は必要なものです。残念ながらこういった状況下の中で相手の誠意を期待することは現実的ではありませんできません。第三者が見ても明らかな証拠が求められます。

 不倫の証拠集めに興信所や探偵などを利用するケースも多いでしょう。この際注意したいのが違法な方法によって入手した証拠です。盗聴や盗撮などによって得た証拠は証拠として認められません、不倫相手とホテルに入った時の写真などは不倫の証拠として認められますが、違法な行為で得て証拠は、それから証拠能力も問われます。

 たとえばメールの場合は改ざんが容易にできるため、証拠として認められないことがほとんどです。またメールの内容だけでは肉体関係を確定するのは困難です。そのためメールは相手を問い詰める際に活用する程度の証拠として捉えておく必要があります。

 同じようにデータの改ざんが可能なデジタルカメラですが、こちらは現在証拠として認められるようになっています。ただし、できれば同じ場面を複数枚撮影して言い逃れができないような状況にしておくことが求められます。ある意味物理的に不可能な場合もあります。

 このように、不倫の証拠集めはなかなか難しい面があります。十分に注意した上で行った上で優秀な探偵社に調査依頼しましょう。

不倫予防ワクチン

盆踊り

鎌倉時代以降、経済力や自治力を得た民衆により新奇な趣向が次々に考案され、江戸時代初頭には絶頂を極めることになる。

江戸では7月に始まり連日踊り明かしながら10月にまで続いた。次第に盆踊りは性の解放のエネルギーと結びついていく。

日本では性は神聖なものとされ、神社の祭礼を始めとし、念仏講、御詠歌講など世俗的宗教行事の中心に非日常的な聖なる性があるべきと考えられるようになり、盆踊りは性の開放エネルギーを原動力に性的色彩を帯びるようになる。明治時代にはしばしば風紀を乱すとして警察の取締りの対象となった。

盆踊りは未婚の男女の出会いの場にとどまらず、既婚者らの一時的な肉体関係をもつきっかけの場をも提供していた。ざこ寝という、男女が一堂に泊まり込み乱交を行う風習も起こり、盆踊りとも結びつき広まり、ざこ寝堂はほとんど全国の農村には存在した。これは昭和時代に至っても続いていた。

古代から社会には不倫を予防するワクチンが存在していた。それは「盆踊り」「歌垣」「雑魚寝」といった形での乱交だ。年に数回、一定のルールや枠組みの中で制度化された婚外セックスを行う機会があったため、日常をリセットでき、結婚を破綻させるまでの不倫に発展しなかったという説があるのである。

現代にも同じように対象と回数を限定し、個人間の関係ではなくシステムの下で行う婚外セックスをする場を設けられれば、、デートクラブ、スワッピング、ポリアモリーと呼ばれる複数恋愛などを不倫予防ワクチンと考えることができるのかもしれない。

ある芸能人が「不倫は文化」と言って一時騒ぎになったが、本当のことを言っていたのかも知れない。

岡山 不倫とは 不倫の証拠 主張立証責任
岡山 不倫とは 不倫の証拠 主張立証責任

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

岡山 金銭トラブル

次の記事

えん罪救済センター