不倫調査 不倫トラブル解決

不倫は様々なトラブルを引き起こす原因となります。不倫の揚句、不倫相手に子供を作ってしまい、仕事で知り合った人を殺してしまったので加害者は、人生を棒に振ってしまった。
不倫を疑う事になった場合は早期に調査をし、トラブルの芽を摘み取ることが幸せの近道です。

不倫旅行

無職(58)が殺害された事件で、殺人と住居侵入の疑いで逮捕された容疑者(31)が、事件後に不倫関係にあった女性と旅行に行っていたことが分かった。さらに事件後、支払期限の迫っていた借金の返済などを済ませていたことも分かり、容疑者が盗んだ現金を返済や女性との交際費に充てていた可能性があるとみて調べている。
捜査関係者によると、容疑者には妻子がいるが、過去の捜査で知り合った女性と不倫関係にあった。女性との間には子供がおり、内部で処分を受けた後も交際を継続。事件発覚前日の3日の夜勤明けから10日まで休暇を取っており、この間に女性と旅行に行っていたとみられる。
また、遺体発見時、被害者方1階の耐火金庫は扉が開いた状態だったが、被害者は普段から耐火金庫の鍵をかけずにいたという。被害者方からは現金100万円がなくなっており、容疑者が昨年10月、業務で被害者方を訪れた際、金庫の場所や施錠状態を把握したとみている。

社内不倫が多い理由

不倫調査の依頼を受けているとわかることがあります。それは社内で不倫のパートナーを見つけているということです。

次にあげることは社内不倫に陥りやすい理由です。

毎日会える
「出会いがない」と嘆く人の勤務先は、小売・販売や外食、サービス業であることが少なくありません。こうした職場は、男性よりも女性の数のほうが圧倒的に多かったり、土日や祝日が出勤という勤務体系になっていて、一般男性との出会いも、デートする時間も、なかなか確保できないという状況に陥りがちです。そんな中でも職場が同じなら毎日会えることができれば不倫に発展することもあります。

同じ職場であれば、毎日顔を合わせることができますし、勤務時間だけでなく退社後も含めて共有する時間が増えます。社内恋愛中は、社内でイチャイチャしすぎて、周囲の反感を買わないように気をつけたほうがいいでしょう。周囲からパートーナーに情報を提供されてしまったケースがあります。

仕事の能力がわかる

仕事ができる人はモテます。
仕事に一生懸命取り組んでいる姿は、女性には魅力的に映るものです。

価値観の共感

そもそも同じ会社・仕事を選んで働いているという時点で価値観が似ているコカが多いことも事実です。それだけ共通の話題も多くなりますし、喜びや愚痴も強く共感できるものです。恋愛の相性としては最適と言えるかもしれます。同じ話題で盛り上がるパートナーがいるだけで幸せを感じる人も多くいるはずです。

「一人で悩んでいませんか」「もしかしたら、浮気をしているのかも」 そんな不安を私どもアンバサダー調査事務所が解決いたします。当社で一番多いご相談は浮気・不倫調査です。信頼したいパートナーの真実を知ることが、問題解決への第一歩です。実績のある当社へ安心してご相談ください。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。