岡山 SNS脅迫トラブル相談解決

岡山 SNS脅迫トラブル相談解決【早期解決】ネット上で脅迫の被害に遭った場合は、警察への相談をごするのが通常ですが、当社のクライアントは、誰にも知られず、SNS脅迫トラブルを解決したいと考えたり、もしくは表沙汰にせず解決したいと思われている方が解決依頼をされています。

SNS等のインターネット上で気軽にコミュニケーションを行うことができるようになり、匿名のまま不特定多数に向けて特定個人の脅迫や誹謗中傷を書き込んだりと、深刻な社会問題となっています。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱えるSNS脅迫トラブルの悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、 SNS脅迫トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

SNS脅迫トラブルを誰にも知られず相談解決

SNS脅迫トラブルを誰にも知られず相談解決をお望みの方が当社のクライアントです。

警察や弁護士に相談できるような方は当社のクライアントには居ません。 SNS脅迫トラブルは誰でも表沙汰に出来るわけもなく、地位や名誉、家族もいる方が大半で、そのような方が脅迫を受けた場合、一般的な解決策をもって対応しても被害は大きくなる一方です。

一般的に官公庁などで紹介されている相談窓口の案内では、 SNS脅迫トラブルなどでは、当社のクライアントが思っているような形での対応は望めなかったと言われる方が大半です。

もちろん、警察、弁護士で対応できるような案件なら、そちらに任せれば良いでしょう。

当社のクライアントは、SNS脅迫トラブルを誰にも知られず相談解決を望む方のみです。

岡山 脅迫 恐喝 強要 相談 【不安悩み問題解決 】もお読みください

岡山 SNS脅迫トラブル相談解決【早期解決】
岡山 SNS脅迫トラブル相談解決【早期解決】

SNS脅迫トラブルの問題点

インターネットやスマートフォンは、安全に正しく使うことができればとても役立つ便利なものでが、事件や犯罪に巻き込まれるきっかけになったり、脅迫などの犯罪被害も多く、また、子供たちが被害を受けるだけではなく、加害者になってしまうケースも生じているのが現状といえるでしょう。

SNSなどを利用する際の個人情報の取扱いにルーズな傾向があります。メッセージアプリのタイムラインで、定型の質問に答えながら次の人へと回す「バトン」をする等、公開範囲設定をしていなければ、直接の友達以外の人まで読めてしまい、トラブルに発展することも。そもそも、誰でも見ることができるのがSNSの基本。写真に映り込んだものから、訪れた店や地域など生活範囲が推測できるため注意が必要です。

脅迫罪は、本人または親族の生命・身体・自由・名誉・財産に対して害を加える旨を告知した場合に成立し、これを「害悪の告知」といい害悪を告げる方法に制限はなく、口頭、書面などはもちろん、被害者が知ることさえできれば成立します。

害悪の告知は、単純にいえば恐怖と感じる内容を告げるという意味ですが、脅迫罪にいう害悪の告知は、一般人が畏怖するに足りるものであればよいとされ、実際に被害者が恐怖と感じたかどうかは問題になりらないことになります。

実際にSNS上で「自宅を特定して殺す」という投稿があっても、個人を特定し得ない方法でアカウントを運用していれば、どうやっても特定できるはずがないのは明らかです。

脅迫罪の対象になるのは、被害者本人とその親族だけで、親族は、民法で定められている親族を準用するとされており、6親等以内の血族・配偶者・3親等以内の姻族となります。

「お前の妻を殺す」や「子どもに危害を加える」という脅しは脅迫罪です。

しかし、「恋人を痛めつける」「友人を殺す」などでは脅迫罪が成立しません。

当社が扱うSNS脅迫トラブルの問題点で一番の問題は、加害者の特定が非常に困難なところで、最初から脅迫してやろうとしている犯罪者なので、嘘ばかり、名前も調べていくと、クライアントに話していた名前と違う事ばかり、そのような状況は当たり前なのです。

SNS脅迫の被害を警察へ相談するには

ネット上で脅迫などの被害を受けた場合には、被害を証明する資料をそろえて警察に相談する場合、SNSや掲示板サイトなどでの被害なら、スマートフォンを持参するだけでも説明は可能です。

警察への相談の際には、どのような被害が発生しているのかを具体的に説明できるような準備をして証拠資料を用意しておきましょう

SNS脅迫トラブルの原因

SNS脅迫トラブルの原因 気に入らない有名人を名指しで「殺す」と書いたり、「感染したから今からまき散らしに行く」といったSNS脅迫、簡単に脅しや悪ふざけが出来る時代、脅迫めいた書き込みは犯罪とみなされる可能性がありますが一向に無くなりそうではありません。

また、脅迫をしようと考えた犯罪者が身元を隠し、ターゲットを物色するのに適した環境が、SNS内には存在します。

強迫犯、詐欺犯の居心地に良い環境と、都合が悪くなると簡単に逃げることが出来る最高に都合の良い狩り場と化しているのがSNSといえます。

犯罪者として、居心地の良い場所が原因です。

アンバサダー調査事務所岡山で多いSNS脅迫トラブル事例

 SNSを介したインターネットトラブルは、SNSでのインターネットトラブルを発端とした脅迫、詐欺、傷害事件にまで発展してしまうケースは多く、SNSは顔が見えない分出会い系詐欺やワンクリック詐欺の犯罪者が入り込みやすい状況です。

見ず知らずの人から友達の申請が来て、うっかり受け入れてしまった場合、悪質なサイトに誘導させられたり、IDを乗っ取って友達を装ったり、芸能人や有名人を装ったりして接触してくる場合もあります。

SNSを利用した犯罪は日々進化しています。

探偵アンバサダー調査事務所岡山で多いSNS脅迫トラブル事例 を紹介します

SNS脅迫トラブル事例

当社で扱う SNS脅迫トラブル事例 は圧倒的にSNS出会い系脅迫トラブル事案です。

SNSで知り合い、岡山県内某所の公園で待ち合わせし、女性が軽四に乗って来ました。私の車に乗り換え、30分ぐらい話をしていると、その女性の彼と名乗る男性が表れ、私の車に乗り込んできて脅迫されました。

2時間ぐらい連れまわされ、手持ちの金と、少しの預金を降ろされ取られてしまいました。

クライアントは、仕事の最中に女性とあっれいたため、表沙汰にすることは絶対に避けたかったのですが、さらに金銭の要求が継続し堪えられず、当社に解決依頼をしてきました。

クライアント40代、相手女性20代 相手の彼氏30代その他3名

警察に駆け込めない状況に置かれ、脅迫されたことが無い人には分からない事ですが、脅迫に慣れた相手ですと普通の人はこのような状況になります。

この案件も無事解決することが出来ました。

SNS脅迫トラブルの解決に向けて

SNSや掲示板などでのコミュニケーションは相手の顔が見えないので、時に激しい言葉のやりとりから誹謗中傷の応酬といったトラブルに発展することがあり、匿名であることで、悪意ある書き込み、個人情報を特定、この様なトラブルは一度発生すると、解決には時間がかかり、思わぬ方向にトラブルが発展するケースもあるため、本人にとって大きなストレスをもたらす危険性があります。

 インターネットは、コミュニケーションの輪を広げる便利な道具ですが、他人への中傷、無責任なうわさ、プライバシー情報の流布など、インターネットを悪用した行為は、人権侵害につながるおそれもあります。また、場合によっては、脅迫、名誉毀損等といった犯罪になる可能性もあります。

ルールやモラルを守り、正しい利用を心掛けましょう。

その上で、当社に来られる方は、誰にも知られずSNSをトラブルを解決しようと考えているわけですから。まずは状況の整理を十部にしておいてください。整理内容はヒアリング日時を決める時に説明します。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。