誘拐調査 人攫い 人さらい

誘拐人 人攫い 跡形もなく消える子供たち

人攫いという言葉を聞いたことがありますか。攫(さら)うとは、人のすきを見て奪い去るという意味であり、人攫いとは、人の隙をみて、子供を見て連れ去ること、そうする人を指す言葉です。

私が小学生の低学年の頃に、祖父や祖母に言われていた言葉で、暗くなっても遊びに夢中で家に帰らない私に言っていたのです。祖父や祖母は「暗くなるまで遊んでいると人攫いに連れて行かれるぞ」と脅して早く家に帰らすために使っていた言葉でした。

子どもが突然いなくなることは、以前からあったことです。岡山県では神隠しということがが使われてきました。「神」という言葉が使われるということは、原因理由がが分からない時に使われている言葉で、もしかしたらこの「人さらい」だったのかもしれません。

人攫い 神隠し 跡形もなく消える子供たち

「居所不明児童976人」という日本社会の現実、今でも人攫いいるんです。子供のころ日が暮れても遊んでいたら大人たちによく言われた言葉です。昔は人攫いよくいたのかな。
河川敷で重機を使い遺体を捜索する府警の捜査員。10年もの間、行方不明になったままだった男児の“痕跡”は見つかることはなかった。「居所不明児童」は全国に976人もいるという。

失踪調査 人攫い
失踪調査人攫い 探偵アンバサダー調査事務所岡山

河川敷で行われた行方不明男児の捜索は10カ月間続いた。10年もの間行方不明だった男児の“痕跡”は見つからなかった。
「10年前、遺体を河川敷に埋めた」。府市で住民登録上は10歳の男児が、生後まもないころから行方不明になっていた事件。

男児の祖母ら複数の親族が死体遺棄容疑について供述した。府警捜査課は男児が殺害された可能性も視野に、10カ月にわたり市内の河川敷を捜索。刑事らは「必ず供養する」と誓い、泥にまみれて掘り起こしを続けたが結局遺体は見つからなかった。らは不起訴になり、真相解明の道も閉ざされた。長期間にわたって居場所が確認できない「居所不明児童」の問題をクローズアップさせた今回の事件。戸籍の上の子供たちは、声なき声で何を訴えているのか。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

見落とされた人攫いシグナル

10年の長きにわたって、男児の失踪が表面化しなかったのはなぜか。問題はこの一点に尽きる。

男児は、市で出生。町へ転出し、町に住民登録されていた。
行政が異変を察知し、対処する機会はあった。男児は4カ月と1歳6カ月の乳幼児健診を受診していなかったのだ。不審に思った保健師は家庭訪問もした。だが留守が続き、結局は会えずじまい。それ以上の追跡はしていなかった。

明確に、この調査をしてくださいと言えない場合でも、問題となっている以上対策を考えることが必要となってきます。その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。

岡山 神隠し

ある日人間が、忽然と消えろことを言うことが多い。神域の山や森で、人が行方不明になったり、市街地や里村からなんの前触れも無く姿をくらますことを、神の仕業としてとらえてできた言葉。昔から、現代でもにかけて唐突な失踪のことを神隠しという。また天狗隠しとも言う。

神隠しと言っても、殺害、誘拐、拉致、監禁、事故、事件に巻き込まれ、などの犯罪がらみと、行方不明者、迷子、殺害、家出、失踪、夜逃げ、自発的行動により姿が見えなくらるのとは区別すべきである。神隠しの要因は多岐にわたる為、要因分析は必要です。

一般的に、神隠しには「遭いやすい気質」があるといわれ、子供の場合は神経質な者や知的障害がある者、女性の場合、産後の肥立ちが悪いなど、精神的に不安定な時期に遭いやすかったとされる。弱者が神隠しに会いやすいとされている。

岡山 失踪調査 家出調査

人攫い、神隠しと感じるなら、失踪調査、家出調査の依頼を早期にするべきです。早期に調査依頼をすることで、痕跡をたどることもできるのです。痕跡が全くない場合は、事件性を疑う必要があります。

岡山県 人攫い
岡山県 人攫い 探偵アンバサダー調査事務所岡山

当初は、行方調査という依頼でしたが、途中から事件性のある失踪調査へ調査内容が変わったこともあります。行方調査ということでしたが、調査を進めていくうちに、何か事件に係わったのではないかということが分かることも出てきます。

失踪者、家出人、発見のコツ

発見のコツは、早期調査開始しかありません。

調査開始が遅れることで、失踪者の痕跡が消えてしまいます。そうすれば、見つけることが出来る事でも不可能となってしまします。

取り返しのつかなくなる前に、調査依頼を検討するだけではなく、実際に調査依頼をしてください。それが発見の近道です。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

行方調査、家出調査、失踪調査の場合は、うクライアントとの打ち合わせを十分にし情報管理をします。調査対象者の情報を何を出して、何を出さないかを検討しながら調査をします。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。