レイプ婚「おっとい嫁所じょ」

日本の奇習  レイプ結婚「おっとい嫁じょ」とは

実は半世紀前の日本でも一部地域ではレイプ結婚と似たようなことがあったことを日本人がどのくらい知っているだろうか。

奇習「おっとい嫁じょ」とは、半島周辺ではかつて「おっとい嫁じょ」なる奇習が存在した。

地元方言で「おっとる」というのは「盗む」の意味で、「おっとい嫁じょ」を標準語に直訳するならば「嫁盗み」。

レイプ婚

結婚に不同意な女性を強姦して妻にするという驚くべき風習なのだ。今よりも女性の貞操観念の強かった時代では、強姦された「傷物」の女性は嫁ぎにくくなるため、結果として被害女性もその親も渋々、加害男性との結婚を承諾するということなのである。そして第二次世界大戦後の1959年、この風習が全国的に知られる事件が発生した。

事件の主人公は当時この地方在住の青年A。Aは婚期になっていたため、義兄の勧めで当時二十歳の女性B子を紹介された。AはB子に一目惚れし、初対面のその場でB子に結婚を申し込む。その後さらに2回にわたって結婚を申し込んだが、最終的にB子の兄を通じて結婚を断られた。どうしても諦めきれなかったAが思いついたのが「おっとい嫁じょ」だった。

Aがこの手段に至ったきっかけの1つであろうと思われるのが彼の両親の馴れ初めだ。そもそもAの母親は結婚前に家族と食事中、Aの父親に拉致され「おっとい嫁じょ」により結婚し、「おっとい嫁じょ」の「申し子」とも言えるAが誕生していたのだ。

結局、Aは従兄、叔父の協力で地元の職業安定所から帰宅途中のB子を拉致、再度結婚を申し込んだが、拒否されたことで知人宅の一室で「おっとい嫁じょ」、つまり強姦に及んだのである。

岡山 結婚トラブル
岡山 結婚トラブル

一室を提供した知人は、予め「おっとい嫁じょ」になることを知って部屋を貸しており、しかもAの強姦後には協力者の従兄と叔父までもが強姦に参加するという、今ならば悍ましいの一言ではすまない事態まで起こっていたのだ。

ちなみに従来から「おっとい嫁じょ」では、相手女性の抵抗を見越して数人の男性協力者が同行しており、彼らがご相伴に預かることは珍しくなかったという。

「おっとい嫁じょ」では、最終的に女性とその両親が加害男性宅に結婚の挨拶に来るというのが習わしで、Aも強姦後に彼女らの来訪を待っていたらしいが、彼の元を訪れたのは警察。結局、強姦致傷罪でAは逮捕された。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

貞操観念は地域性で違いが出る

だが、本当に驚くべきはここからだ。Aが逮捕されると、裁判所には多数の地元住民が署名したAへの情状酌量を求める嘆願書が提出された。さらには「お上は地場の風習に手を突っ込むのか」という警察批判や「自分は子供の頃に『おっとい嫁じょ』に向かう集団の先導で提灯を持ったことがある。何が悪いのか」と堂々と語る地元学校の校長まで現れる始末だった。

弁護人も「地元で『おっとい嫁じょ』は適法視されており、Aに違法性の認識はなかった」と主張したが、鹿児島地裁は「供述調書からはAが『おっとい嫁じょ』の反社会性を認識していたことがうかがわれる」との理由で懲役3年の実刑を言い渡した。

実のところ呼び名は別にして、同様の風習は明治期頃までは鹿児島に限らず、日本の地方では存在していたが、時代の進展とともに徐々に廃れていったという。なぜ鹿児島でこの風習が昭和期まで残っていたかは知る由もないが、少なくとも、現在でもこの風習で結婚した夫婦の子供は一部在命している可能性は少なくない。

岡山 結婚トラブル
岡山 結婚トラブル

ちなみに私は、調査を通じて同じような内容を中国地方のある過疎地で聞いたことがある。

盆踊りとは、生娘も人妻も乱舞する乱交パーティだったのはご存知でしょうか。日本人は、性の自由を文化の一つとして受け継いできた。歌垣、雑魚寝、夜這い、盆踊万葉の時代から近代までの民俗文化としての歴史が受け継がれてきた。

日本の乱交の記録は、『記紀』や『風土記』の「歌垣」である。日本では、宮廷人から農民までの男女が、おおらかに性の自由を文化として来た。万葉集にも、歌人、高橋虫麻呂の「人妻と我も交わらん、我が妻も人から誘われよ」という歌が残る。

そして雑魚寝や夜這い、江戸時代には日本各地で盆踊りという形で乱交は行なわれ、明治以降も密かに続けられた。森鴎外も、故郷・津和野の盆踊りでの「性的な体験」を記している。

戦前くらいまでは、それこそ到る所で乱交だったというあまり語られない事実がある。

裸祭りなどでは、真っ暗、沿道には大勢の娘たち。最初からそれを楽しみで、大勢の娘たちが近隣からこぞって祭り見物に来ていたということを来たこともある。
道から一歩それた林の中、海沿いの浜辺などで、乱交となっても、神様公認の儀式としての乱交なんだから罪悪感を感じることは無い。

日本人の歴史の中で「お祭り」というのは乱交の部分もあるということなのです。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山の性文化

私が知っている限りでは、岡山市内のある地域は、夜這いの文化が、戦後しばらく残っていたというところもあることを調査で知ったことがある。

日本は本来、性の文化がおおらかだったことは調査で知ったことです。戦後のGHQの西洋文化の押し付けで現在のような性に対する考えが出来てきたのでしょう。

岡山にある新興宗教の中には、乱交のような事をしているところもあることはあまり知られていないようです。

岡山 性トラブル相談
岡山 性トラブル相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

もともと日本人は、世界的に見ても非常に淫らな民族として有名だったようです。

ポルトガルの宣教師ルイス・フロイスは、次のように書き残しています。

日本の女性は処女の純潔を少しも重んじない。それを欠いても、名誉を失わなければ、結婚もできる。

 日本では娘たちは両親にことわりもしないで一日でも幾日でも、ひとりで好きな所へ出かける。

幕末や明治初めに日本にやって来た欧米人の多くが、日本人が平気で裸で通りを歩くことに驚嘆し、銭湯が混浴だった光景はよく知られています。実際に私が子供の頃には、女性が表で乳児に胸をふくませる光景はよく見光景でした。

日本人が裸体を恥ずかしがるのは、ここ最近の出来事なのです。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。