岡山 ペットトラブル解決 

岡山 ペットトラブル調査 【問題悩みトラブル解決相談】

ペット トラブル解決
ペット トラブル解決 探偵アンバサダー調査事務所

人懐っこいい犬も多い犬種がボクサー犬です。テレビでは具志堅さんの愛犬グ済まんで知られています。

岡山 ペットトラブル 

ボクサー犬3匹逃げ出す 通行人かまれ4人けが 「大型犬3匹が人にかみついている」との110番通報があった。

犬は、現場近くで開業している男性医師が飼育中のボクサーの成犬3匹。フェンスで囲み、扉を施錠した場所で飼っていたが、逃げ出した時には鍵がかかっていなかったという。同署が当時の詳しい状況を調べている。

犬は、歩いていた会社員の男性ら男女4人の足などをかんだ後、飼い主に保護された。男性は、ふくらはぎを数針縫うけが。4人は病院で手当てを受けるなどしたが生命に別条はないという。 現場はの住宅や大型店が並ぶ一角。

近所の男性は、犬が飼われていた周辺では夏場に異臭がすることがあり、管理が行き届いていない印象を受けていたという。「近所の子どもがかまれるのではと心配だった。飼い方を改めてくれれば」と話した。

ボクサーはドイツで最初に警察や軍隊で活用された犬種となり、1900年までには実用犬としての地位を確立したといわれる。ヨーロッパ各国にも紹介され、多くの文明国で禁止されるまでは、闘犬興行にも用いられた。

ペットトラブル
ペットトラブル解決 探偵アンバサダー調査事務所岡山

第一次世界大戦が勃発すると、ボクサーは軍用犬や赤十字犬として活用され、メッセンジャー犬・荷役犬・警護犬などさまざまな用途で活躍したことから、戦後の1920年代に、ヨーロッパで人気犬種として脚光を浴びた。

1925年には、ドイツでワーキング・ドッグとしての承認を受けている。この過程で、ボクサーが使役犬としてはやや小さいことが懸念されたことから、スタンダードに定められた体高が、漸次引き上げられた。

ボクサーのスタンダードは、1905年にドイツで初めて公式に制定されたが、以降数回の修正を経て、1938年に改定されたものが、現在まで用いられている。

当社は、創業30年の探偵調査事務所です。プロの探偵と言うことは、クライアントの抱える悩みと対峙してきた事績に支えられトラブルを解決するプロ集団となったのです。
クライアントとの時間を十分に取り、十分な打合せ、ヒアリングによりし、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

ペットトラブル解決
ペットトラブル解決 探偵アンバサダー調査事務所岡山

クライアントの知られてはならない秘密が外部に漏れることはありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

アンバサダーでは、無料のサービスをクライアント以外には行うことをしていません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

当調査事務所は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、クライアントとなりますので守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 ペットトラブル 大型犬

県道で、近くで開かれている「北杜市明野サンフラワーフェス」に飼い犬のトイプードル2頭を連れて観光に訪れていた会社員男性が、首輪の外れた大型犬セントバーナードに右腕をかまれた。男性は軽いかすり傷を負った。

襲ったのは県立フラワーセンター「ハイジの村」内で犬を連れた女性客に2週間のけがを負わせたのと同じ大型犬。飼育場所から逃げ出していた。署は業務上過失傷害容疑で、係留方法などを調べている。

ハイジの村によると、犬は体長約110センチ、体高約70センチ。ハイジの村内のおりで飼われていたが、前回の事件後、ハイジの村から約300メートル離れた敷地内にある、鉄骨にビニール製シートを張った建物内で飼われていた。約3メートルの鎖と首輪をつないでいたが、県道上で犬が見つかったとき、鎖と首輪は外れていた。

この犬種は、牙も鋭くなく温厚な犬種である
セント・バーナードは、2世紀頃にローマ帝国軍の軍用犬としてアルプスに移入されたモロシア犬が、その後独自の発達を遂げたものと考えられている。

17世紀中頃から、スイス・アルプスの山深いグラン・サン・ベルナール峠にある修道院にて雪中遭難救助犬として使役されるようになり、20世紀初頭に至るまで、2,500名もの遭難者を救助した。

このエピソードは画家などの絵により首に体を温めるためのラム酒の小樽をぶらさげたスタイルで知られている。なかでも有名なのは、生涯に40名を救助した「バリー」号で、その活躍ぶりにちなんで、一時この犬種をバリー・ハウンド(バリー犬の意)と呼んだこともあった。

19世紀初め、病気と先天性疾患で絶滅危機に陥ったが、このときは、ニューファンドランドと交配させることにより、種を存続することができた。
1884年、グラン・サン・ベルナールの修道院にちなみ、サン・ベルナール(Saint-Bernard)と命名された。日本では英語読みの「セント・バーナード」が定着している。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

当社では、探偵アンバサダーのサービスをクライアント以外には行うことをしていません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制を導入しています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

調査を依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報漏れがあることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。