岡山 ストーカー対応 ストーカー対策

岡山 ストーカーの対応 ストーカー対策 【秘密裏悩み解決】

DVとストーカー行為はともに恋愛感情に端を発し、一気に殺人に発展する恐れがある。このため警察内部でも同じ「人身安全関連事案」に分類され、対処法も共通点が多い。

ストーカーの対応 ストーカー対策

関係者が府警に被告の前科を尋ねると、「(被告の)プライバシーの保護」を理由に回答を拒まれたという。

被害者に「知る権利」はないのだろうか。

前科情報の開示をめぐっては、最高裁が昭和56年に「人の名誉、信用に直接かかわる事項であり、みだりに公開されない」と判示。自治体が弁護士からの照会に応じて前科を報告したことを「公権力の違法な行使にあたる」と結論づけた。ストーカーの加害者とはいえ、警察が前科を知らせるのは判例上困難といえる。

一方、被害者側からすれば「警察が言ってくれないから、凶悪犯か、どんな人間か分からない」情報がない中、被害者に刑事告訴や一時避難という重い決断を強いることには無理がある。加害者の情報を知った上で判断するのが通常と言える。

直接的に前科を明かせないにせよ、「婉曲(えんきょく)的な表現で危険性を伝えるようにしている」(大阪府警幹部)が、遠回しな物言いにピンとこない被害者もいるだろう。
現状のストーカー対策は、警察と被害者の情報共有に致命的な「弱点」を抱えているのだ。

危険度判定は開示
目の前に迫る危機を、被害者側が客観的に把握する手立てはないのか。
警察庁が積極活用を促しているのが「危険性判断チェック票」だ。府警の場合は、付きまとい、交際要求、乱暴な言動-など44項目をチェックし、A~Cの3段階で危険度を判定する。

当社は、創業30年の探偵調査事務所です。プロの探偵と言うことは、クライアントの抱える悩みを解決してきた事績に支えられトラブルを解決するプロです。

岡山ストーカー
岡山 ストーカー 探偵アンバサダー調査事務所岡山

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

当社では、無料のサービスをクライアント以外には行うことをしていません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 ストーカー盗撮

ストーカー対策 岡山
ストーカー対策 岡山 探偵アンバサダー調査事務所岡

ストーカーの監視行為の中に盗撮されていたケースがあります。行動を監視することで、生活のリズムが分かりストーカー行為が容易になるのです。相手は恋愛感情が固執と言えるような状況なので何をしてくるかわかりません。

元同僚がストーカー盗撮

この元同僚がどのようにして女性宅に忍び込んだのか気になります。しかし家に忍び込んでの盗撮とは限度を超えています。出来ごころとは言えないでしょう。

ストーカー本人は相手に対しての固執を制御できないのです。ストーカー解決は当社にお任せください。当事者間での対応は問題が大きくなることがあります。
元同僚の女性の自宅に侵入し浴室で盗撮したとして中学校教諭が逮捕されました。

迷惑防止条例違反などの疑いで逮捕されたのは中学校教諭、容疑者です。

警察によりますと、容疑者は、元同僚の女性(29)の自宅に侵入したほか、今年3月には女性の自宅の浴室内に設置したカメラで入浴中の女性を盗撮した疑いが持たれています。

容疑者はこの女性に対し36回にわたり電話をしたストーカー規正法違反の疑いですでに逮捕・起訴されていて、警察の捜索で容疑者の自宅にあったパソコンから浴室内の動画が複数見つかったということです。

警察の調べに対して容疑者は「私がやったと思います」と容疑を認めているということで、警察は女性の自宅への侵入方法などを詳しく調べる方針です。

ストーカー対策岡山
ストーカー対策探偵アンバサダー調査事務所岡山

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

当社では、無料のサービスをクライアント以外には行うことをしていません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山県岡山市のストーカー調査事例・ストーカー対策 事例

相談内容

深夜に自宅駐車場で自家用車に傷をつけられて困っている
相談者:飲食店経営 A子さん 38歳
3ヶ月前からすでに4回も修理をしている。もう引越しをしたい・・と相談された。
調査方法:深夜の張込、機材の設置
14日に渡って車両と周辺状況監視する。
調査開始12日目、午前4時ごろ年齢40歳前後の男が、Aさんの車に近づきなにやら行っている。
暗視カメラによりすべてを撮影し、犯人が立ち去ったあとに確認をすると確かにボンネットに傷がついている。

調査結果

翌日、Aさんにビデオの男性を確認してもらったところ、男は飲食店の常連客の一人で、最近めっきり姿をあらわさないというが、なんとAさんがいつも修理を依頼している自動車修理工場の社員と判明。

解決方法

映像から男の顔を写真にして作成し、男と自動車修理工場の社長を交えて話し合いをすることとなった。男は以前からAさんに好意を寄せていたが、Aさんは店の客としてしか接してくれないため、個人的に話をする機会が欲しかったというのが動機であったと判明。男は二度としませんと念書の記載にも応じたので、修理代を全額返金することで示談した。

ストーカー行為は何よりも迅速な対応が肝心です。

つきまとい行為や盗聴・盗撮、 執拗な無言電話、メールなどから次第にエスカレートしていきます。大きな事件にもなりかねない問題です。現にニュースを騒がす事件は年間何件も起こっています。法改正により警察が介入できるようになったからと言って治まっていないのが現状です。

異変に気付いたなら、いつごろから、どのようなことがあったのか わかりやすく記録を取るようにしていくことも必要です。また ストーカー規制法 が制定され、警察も介入できるようになりましたが、証拠がないと思うようにはなかなかいきません。自分の身は自分で守る・・。 その意識が必要です。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。