岡山 情報操作

岡山 情報操作 【様々な問題トラブル悩み解決】

岡山県内の個人・企業の情報漏洩調査は総合探偵アンバサダー調査事務所岡山へお寄せください。岡山県内の個人・企業の情報漏洩調査は総合探偵アンバサダー調査事務所岡山へお寄せください。

岡山県内の個人・企業の情報漏洩調査は総合探偵アンバサダー調査事務所岡山へお寄せください。情報が売買される時代です。従業員による企業の機密漏洩は会社の存続に係わる問題です。

情報操作は与える情報の証言、記事、写真、映像を制限したり、虚偽または虚偽にならない範囲で改変することによって、その情報を受け取った者が受ける印象や判断結果に影響を与えようとする行為を言う。イメージ操作ないし印象操作とも言われる。広い意味では、ブランディングやコマーシャル、比較広告などの商業活動も含んでいる。

岡山 情報漏洩調査
岡山 情報漏洩調査 探偵アンバサダー調査事務所岡山

虚偽報道「フェイクニース」は、マスメディアやソーシャルメディア等において事実と異なる情報を報道すること、または事実と異なる報道を行うメディアそのものを指し示すことである。「フェイクニース」はSNSなどで拡散し社会問題になっている。

最近では、個人が企業、有名人などをターゲットとして狙っていることもあるが、ただ便乗しての嘘情報の拡散をしているケースも多くあります。犯罪の意識は無いが情報は精査しないといけません。情報発信する側の責任は当然ついてきます。

虚偽であることを認識した上で行う架空の報道や、推測を事実のように報道するなど、故意のものについては捏造報道といわれることもある

当社は、創業30年の探偵調査事務所です。プロの探偵と言うことは、クライアントの抱える悩みを解決してきた事績に支えられトラブルを解決するプロです。
クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

当社では、無料のサービスをクライアント以外には行うことをしていません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

歴史は、勝者が書き換える。

マスコミ見よる情報操作の例

「朝日新聞社」は、およそ20万人いた女子挺身隊(工場労働者)のことを、「戦地に狩りだされた慰安婦のことである」といった”誤った報道”を長い間行ってきました。
「女子挺身隊」が「慰安婦」と全く別物であることは誰もが知っていることでですが
朝日新聞社だけがそのことを知らずに記事を書いてきたか、意図的に混同させたのか、のどちらかと考えられます。

しかし、朝日新聞の記事が「従軍慰安婦20万人説」の根拠となり、日本の歴史教科書に「従軍慰安婦」が掲載されたり、その後、韓国に飛び火して、反日運動が起こったのです。
従軍慰安婦と聞くと「かわいそうな人たち」をイメージする方も多いのですが、戦争中は慰安行為によって収入を得る女性が多く存在しました。通称「慰安婦」と呼ばれる人たちです。

慰安婦の中には「親に売られてしまった人や借金を背負っていた不幸な人」もいました。
本来望まずにそのような仕事についた人達は、現在日本に謝罪と賠償を求めています。
さらに言えば、問題にされているのが”軍による強制が本当にあったのか?”の部分です。なぜなら彼女達は、慰安所から高額な収入を得ていたことが分かっているからです。

もっと身近なことでは、浮気のアリバイ工作をしている輩で、事実は部下と浮気していたにもかかわらず、友人を巻き込んでのアリバイ工作は明らかに情報を意図的に捜査しているのです。

これ以外にも情報操作は至る所で行われています。

岡山県情報漏洩対策
岡山県情報漏洩対策 探偵アンバサダー調査事務所岡山

お知らせ
当社は、ご依頼を頂き費用を頂いてからヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

情報 名誉棄損

 
マスコミ、インタネット情報、情報をうのみにせず、情報の精査これが重要なことであるが、これは本来情報を発信する側が行うのが常識である。
 
「吉田調書」報道で前報道局長ら6人を処分
 
朝日新聞社は28日、東京電力福島第一原子力発電所の事故をめぐる「吉田調書」報道で5月20日付朝刊の記事を取り消したことに伴い、6人の処分を決めた。

記事を出稿した特別報道部の市川誠一・前部長を停職1カ月、市川速水・前ゼネラルマネジャー(GM)兼東京報道局長、渡辺勉・前ゼネラルエディター(GE)兼東京編成局長、出稿を担当した前特別報道部次長の3人を停職2週間、取材チームの前特別報道部員と前デジタル委員を減給とした。いずれも12月5日付。

朝日新聞社は5月20日付朝刊で、所員らの9割にあたる約650人が吉田昌郎所長(故人)の第一原発での待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発に撤退したと報じた。しかし、吉田所長の発言を聞いていなかった所員らがいるなか、「命令に違反 撤退」という記述と見出しは、多くの所員らが所長の発言を知りながら第一原発から逃げ出したような印象を与える間違った表現と判断し、記事を取り消した。

その際、事態の重大さから、杉浦信之取締役の編集担当職を解任したほか、市川速水GM、渡辺GE、市川誠一部長(いずれも当時)の職を解いた。

また、慰安婦報道の問題なども含めた一連の事態に対する経営の責任を明確にするため、12月5日には木村伊量社長ら3人の取締役が辞任、取締役1人が執行役員へ降格、執行役員1人が辞任することを決めている。

吉田調書報道に関し、本社の第三者機関「報道と人権委員会」から「読者の視点への想像力と、公正で正確な報道を目指す姿勢に欠ける点があった」と厳しい指摘を受けました。これまでの社内の調査の結果、取り消しに至った記事については、意図的な捏造(ねつぞう)ではなく、未公開だった吉田調書を記者が入手し、最終的に記事として送り出す過程で思い込みや想像力の欠如があり、その結果、誤った記事を出稿した過失があったと判断しました。

岡山 探偵 情報漏洩調査
岡山情報漏洩

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

当社では、無料のサービスをクライアント以外には行うことをしていません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

情報漏洩調査対応地域

岡山県/岡山市/倉敷市/津山市/玉野市/笠岡市/井原市/総社市/高梁市/新見市/備前市/瀬戸内市/赤磐市/真庭市/美作市/浅口市  全国対応可能

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。