岡山 高齢者虐待 解決

虐待とは、自分の保護下にある者人、動物等に対し、長期間にわたって暴力をふるったり、日常的にいやがらせや無視をするなどの行為を行うことを言う。
高齢者の虐待は施設内で起こったことは、表に出ることは少なく表面化してしまう事はごくわずかである。家族がいれば発覚することもあるが、家族もいない人の場合内部告発以外外部に知らせることはできないのが現状です。

高齢者虐待

子供の虐待同様、高齢者の虐待は今後問題は多く出てくると思われます。

自分の保護下にある者人、動物等に対し、長期間にわたって暴力をふるったり、日常的にいやがらせや無視をするなどの行為を行うことを言う。

高齢者虐待防止法

高齢者虐待とは、高齢者の心身に傷を負わせたり、基本的な人権の侵害や尊厳を奪う行為など高齢者が不適切なあるいは不当な扱いを受けている状態を意味しています。

「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」(平成 17 年法律第 124 号。以下「高齢者虐待防止法」という。)は、平成 18 年(2006 年)4月1日から施行されました。

この法律では、高齢者の権利利益の擁護に資することを目的に、高齢者虐待の防止とともに高齢者虐待の早期発見・早期対応の施策を、国及び地方公共団体の公的責務のもとで促進することとしています。

国民全般に高齢者虐待に係る通報義務等を課し、福祉・医療関係者に高齢者虐待の早期発見等への協力を求めるとともに、市町村における相談・通報体制の整備、事実確認や被虐待高齢者の保護に係る権限の付与、養護者への支援措置、養介護施設の業務又は養介護事業の適正な運営を確保するための関係法令に基づく市町村(特別区を含む。以下同じ。)、都道府県の適切な権限行使等について定めるものです。

岡山 高齢者虐待 解決
岡山 高齢者虐待 解決

高齢者虐待事件

1510施設で高齢者虐待の疑い 2012年以降で調査全国の介護施設や療養型病院のうち少なくとも1510施設で、2012年以降の3年間に高齢者への虐待があったり、虐待の疑いがあったりしたことが、厚生労働省の補助を受けたNPO法人の調査でわかった。調査に回答した施設の2割弱にあたる。人手不足の施設ほど虐待が多い傾向もみられた。

調査したのは、NPO法人・全国抑制廃止研究会。全国の3万5278施設に郵送で行い、施設名を出さない前提で、虐待に関しては8988施設から回答があった。
このうち461施設が「虐待があった」、1049施設が「あったと思う」と答えた。虐待を受けたり、受けたとみられる高齢者数を聞いたところ、計2203人になった。

高齢者虐待事件 例1

サービス付き高齢者向け住宅で、職員の女が入居者を虐待していた事件で、緊急調査チームは、調査・検証結果を発表し、職員は80代男性に対し、一晩で40回以上、殴る蹴るなどの暴行を繰り返したことが判明した。

更に70代男性への暴行も認定した。市は施設側に職員配置の改善などを求める行政指導を行った。

 職員が入居者に怒ったり怒鳴ったりする心理的虐待が日常化していたと言及。1人で夜勤に入っていた日には、早朝にかけて、認知症の80代男性に計42回暴行。髪をつかむ、ベッドから引きずり下ろすなどの行為もあった。

 70代男性には頭をたたいたと認定。男性も認知症で要介護3だった。行為を撮影した映像や傷といった物証はないが、本人が自ら男性への謝罪文を提出したことなどから「信用性がある」と判断した。

 原因について「一方的にストレスをぶつけた」と職員の個人的資質が大きいとした上で、自立型の住宅に介護度の高い入居者がおり、夜間業務を1人で担うなど「環境的要因」も指摘。

過酷な勤務で職員が感情を抑制できなくなるリスクがあっても休めないなど勤務環境の要因も指摘した。

  高齢者虐待事件 例2

介護施設の高齢者殴りあばら骨折

 介護老人福祉施設で入所者の男性に暴行して重傷を負わせたとして、介護職員を傷害の疑いで逮捕し、発表した。

容疑を認め、「介護中に抵抗されて頭にきて暴力を振るった」と供述している。

 逮捕容疑は、勤務先の介護老人福祉施設の個室内で男性の胸や腹を殴るなどし、あばら骨骨折や大腸損傷の疑いなど全治1カ月の重傷を負わせた。

容疑者はこの日は夜勤で、男性の介護を担当していたという。

 朝に男性が体の痛みを訴えたことから別の施設職員が男性とともに病院へ行き、「別の職員から暴行を受けた可能性がある」と説明。

岡山 高齢者虐待 解決
岡山 高齢者虐待 解決

高齢者虐待 解決の手順

日々の生活の中で、時に思いがけないトラブルに見舞われるものです。ですがいざトラブルに遭遇してしまうと、どうしたらいいのか分からない方が多いのも現状です。また、そのトラブルの元が、親しい方や近隣の方ですと、より塞ぎこんでしまい、泣き寝入りしてしまう方もおられると思います。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、調査依頼でトラブルを避けるためと、時間の無駄を省くため、問い合わせの段階で、電話相談すら断っていることが多く、結果的に調査依頼をしない人に無駄な経費を使用しないので結果的に調査料金を低く抑えることに成功しています。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。

まずはヒアリングから始めてください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。