誘拐調査 人さらい

誘拐人さらい 人攫い 跡形もなく消える子供たち

「居所不明児童976人」という日本社会の現実、今でも人攫いいるんです。子供のころ日が暮れても遊んでいたら大人たちによく言われた言葉です。昔は人攫いよくいたのかな。

河川敷で重機を使い遺体を捜索する○○府警の捜査員。10年もの間、行方不明になったままだった男児の“痕跡”は見つかることはなかった。「居所不明児童」は全国に976人もいるという。
河川敷で行われた行方不明男児の捜索は10カ月間続いた。10年もの間行方不明だった男児の“痕跡”は見つからなかった。

「10年前、遺体を河川敷に埋めた」。○○府○○○○市で住民登録上は10歳の男児が、生後まもないころから行方不明になっていた事件。

男児の祖母ら複数の親族が死体遺棄容疑について供述した。○○府警捜査○○課は男児が殺害された可能性も視野に、10カ月にわたり○○市内の河川敷を捜索。刑事らは「必ず供養する」と誓い、泥にまみれて掘り起こしを続けたが結局遺体は見つからなかった。○○らは不起訴になり、真相解明の道も閉ざされた。長期間にわたって居場所が確認できない「居所不明児童」の問題をクローズアップさせた今回の事件。戸籍の上の子供たちは、声なき声で何を訴えているのか。

見落とされたシグナル

10年の長きにわたって、男児の失踪が表面化しなかったのはなぜか。問題はこの一点に尽きる。

男児は平成○○年○○月、○○○○市で出生。同年12月に○○府○○町へ転出し、○○年5月まで5町に住民登録されていた。
行政が異変を察知し、対処する機会はあった。男児は4カ月と1歳6カ月の乳幼児健診を受診していなかったのだ。不審に思った保健師は家庭訪問もした。だが留守が続き、結局は会えずじまい。それ以上の追跡はしていなかった。

明確に、この調査をしてくださいと言えない場合でも、問題となっている以上対策を考えることが必要となってきます。その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。