盗聴産業と盗聴の現状

盗聴産業と盗聴の現状

 現在盗聴産業は、10億円産業といわれ「盗聴器」は年間約40万個以上販売されているといわれています。最近、某大手銀行の顧客データが流出し売買されたり、有名経営者が絡んで盗聴などの犯罪に使われたりといった、盗聴器が関係している事件が以前からあります。
海外の先進国では、産業スパイ、国家間スパイが日常的に行われています。その国の企業がどんどん日本に入ってくるわけです。情報産業の発展により「情報の価値」だけが向上し「情報を守る」ということに対しての環境は、日本は先進国に比べまだまだ甘いところがたくさんあります。また法整備もできていないのも現状です。
 金融業などで顧客のプライバシーなどが流出してしまうと大切に積み重ねてきた信頼は崩れてきてしま
います。
一度崩れた信頼を取り戻すのは大変なことです。ですがいくらこちらが被害者だと訴えても社会的には認めてもらえないものです。情報の管理責任を問われるのです。
  一般家庭においても盗聴器、位置情報発信機に関する事件が多発しています。しかも、そのほとんどが知られることはありません。
年間約40万個以上の盗聴器が販売されているのに対し発見率が少ない気がします。もちろん、盗聴をするのですから簡単に相手に気付かれてしまっては意味がありません。
 このような盗聴、盗撮の問題うを抱えている方は当社に相談ください。
あなたの力になります。
盗聴トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。目に見えない盗聴ですので非常に厄介です。盗聴でお困りの際は一度、現状把握調査をに依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。 

岡山の探偵アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

通信傍受 盗聴の対象拡大

増え続ける「盗聴被害」。あなたは大丈夫ですか?

当社に寄せられる盗聴相談は、なんと年間300件を超えます。それほど被害は多く、テレビの中だけではなく身近な問題になっているのです。

盗聴とは、会話や通信などを、当人らに知られないようにそれらが発する音や声をひそかに聴取・録音する行為である。聴取した音声から様々な情報を収集し、関係者等の動向を探る目的で用いられることもある。
現行の盗聴法では、警察官が電話会社へ出向いて、盗聴を実施する。そのさい、電話会社の社員が立会人につく。ところが、盗聴法改正案では、電話会社から警察署へ通信を転送させて盗聴する方法も認められる。この場合は立会人がつかない。

「警察が機器に細工して、好き勝手に盗聴することも可能だ。立会人がいないのだから、チェックのしようがない。まさか警察がそんなことをするはずがないと考える人は、緒方靖夫・日本共産党国際部長(当時)の自宅の電話が盗聴された事件を思い出してほしい

いわゆる司法取引の導入などを柱とした刑事司法制度改革の関連法案は、与党と民主党などが衆議院で修正合意したものの、参議院で民主党が「ヘイトスピーチ」を規制する法案の審議を優先するよう求めていることから、今の国会での成立が見通せない状況となっています。

盗聴は相手の情報を入手する有効な手段です。情報は使い方によってはかなり有効に利用できるのです。

アメリカの盗聴

情報をを持ったうえであらゆる交渉を進めていくことが、交渉を有利に進めていくことに必要だということです。

アメリカの盗聴と言う情報収集

また盗聴についての法規制の必要性を考えることが必要です。情報を財産だという考え方をしていかないと、アメリカにいいようにやられてしまいます。盗聴をさてていることを早く察知できるようにしていく必要があるでしょう。

盗聴は、その情報を欲しがっているものがするものです。それが敵対している相手なとこちらの手の内が分かってしまうものです。

内部告発サイト「ウィキリークス」は31日、少なくとも第一次安倍政権時代に、米国家安全保障局(NSA)が日本の内閣官房のほか、日銀、財務省や大手企業の三菱商事、三井物産などの35カ所を対象に盗聴していたと公表した。

日米関係や貿易交渉、地球温暖化対策、世界貿易機関(WTO)交渉、原子力政策などに関する情報を収集していたという。

南ドイツ新聞は、内部告発サイト「ウィキリークス」の情報として、シュタインマイヤー外相の携帯電話番号が米国家安全保障局(NSA)の盗聴リストに記載され、計画的に盗聴されていたもようだと報じた。
これまでに独政府の金融や経済・貿易担当省庁を中心に125の固定電話番号などが対象になっていた疑いが浮上。南ドイツ新聞はさらに外務省関係の番号20件も盗聴リストに入っていたと伝えた。

刑事司法制度改革の関連法案は、取り調べの録音・録画を裁判員裁判の対象事件や検察の独自捜査事件で義務化するとともに、新たな捜査手法として、いわゆる司法取引を導入することなどを柱とするものです。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。