盗聴器発見調査・盗撮機発見調査

こんにちは

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

エボラ出血熱が流行っていますね。

しかしここでは風疹のことを書きます
風疹大流行 患者の8割が男性 妊娠前に接種必要
Q 風疹はどんな病気か?
A 風疹ウイルスによって起きる感染症で、感染から2~3週間の潜伏期間を経て、赤い発疹や発熱、リンパ節の腫れなどの症状が表れる。命に関わる病気ではないが、妊娠初期の女性が感染すると、胎児に障害が出る恐れがある。
Q どのように感染するのか?
A 患者のせきやくしゃみで飛沫(ひまつ)感染する。症状が弱くてもマスクを着用し、感染拡大を防ぐことが重要だ。今年の患者は約8割が男性で、20~40代に多いのが特徴となっている。
Q なぜ、成人男性に感染が広がっているのか?
A 厚生労働省によると、風疹の予防接種は、平成6年度まで女子中学生に限定されていたことなどから、特に男性の接種率が低く、免疫がない人が多い。また、予防接種を受けても抗体のないケースもあり、23年度の感染症流行予測調査では、20代の男性は10人に1人、30~50代前半の男性は、5人に1人が風疹の免疫を持っていなかった。
Q どうすれば防げるか?
A 感染を防ぐには、ワクチンの接種が有効で、実施する医療機関に行けば受けられる。料金は医療機関によって異なるが、5000~8000円程度となっている。ただ、ワクチンには、病原性を弱めたウイルスが入っており、妊娠中の女性は接種できない。妊娠を希望する女性は、妊娠前に接種する必要があり、接種後、2カ月は避妊する必要がある。すでに妊娠している人は、雑踏を避け、家族ら周囲の人にワクチンを接種してもらうのが効果的とされる。
Q 風疹に一度かかっていても、予防接種は必要か?
A 風疹にかかったと思っていても、実際は風疹ではなく、症状の似た別の病気のケースもある。不安な人は改めて、接種を受けることが有効だ。

お気を付け下さい。

 

盗聴トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。目に見えない電磁波ですので非常に厄介です。盗聴でお困りの際は一度、盗聴器発見調査依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。

 

~お知らせ~

春は、引っ越しの季節です。

新しい生活を始めたきっかけに盗聴器・盗撮機発見調査を行ないましょう。

賃貸物件は、前の住人が盗聴器や盗撮機を仕掛けている場合があります。

調査済みの物件には、証明がされているはずです。

 

盗聴トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。目に見えない電磁波ですので非常に厄介です。盗聴でお困りの際は一度、盗聴器発見調査依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。

盗聴器発見調査・盗撮機発見調査のご依頼は、

岡山 アンバサダー調査事務所までどうぞ。

086-226-1099