愛知県警が車に無断でGPSを車両に装着

愛知県警が車に無断でGPSを車両に装着

無断は前のあたり前の事と、思うのですがどうでしょう。
「精神的苦痛」と男が損害賠償求める
愛知県警に衛星利用測位システム(GPS)端末を無断で車に取り付けられ、行動を監視され精神的苦痛を受けたとして、名古屋市の男性が県に143万円の損害賠償を求め名古屋地裁に提訴していたことが19日、分かった。10月29日付。
原告代理人によると、GPSを使った捜査に対し、損害賠償を求めた訴訟は全国初とみられる。
捜査関係者によると、男性は窃盗事件で捜査対象だった。刑事訴訟法にはGPSに関する規定がなく、捜査で使う場合にも裁判所の令状は必要ないという。一方、原告代理人は「GPSによる監視は人権侵害の危険が大きく、令状なしでは許容できない」としている。
訴状などによると、男性は3月上旬、名古屋市内の駐車場に止めた車の底部に、携帯式GPS端末が取り付けられているのを見つけた。端末は警備会社が貸し出したもので、県警が契約先になっていた。車は男性が友人から借りて使っていた。
そもそも、容疑者だったのでGPSをとりつけて行動を監視していたのだと思います。その容疑が晴れるならつけておいても何の問題もないはずです。また無断でつけるのは当たり前の行為ではないかと思います。容疑者にこれからあなたの利用している車両にGPSをつけますよという捜査自体無意味なことです。
またこのGPS捜査自体が違法という考えも犯罪者から一般市民を守るということで、合法と判断してほいいと思います。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。