クレーマー対応

隣人 トラブル クレーマー対応

クレーマー対応 絶対にしてはいけないこと
隣人トラブルで避けて通れないのが隣人からのクレームであり、その対応です。
多くの住宅地で、クレームはお互いの為に必要なことが多いのですが、中に何の根拠もなくダダ迷惑灘といったことも多く貴重な意見として「ありがたく頂戴するもの」とは思えないものがあります。

なかには明らかな言いがかりをつけてきたり、理不尽な要求をしてくる人がいるのも確かにあります。そんなクレーマーが引き起こすトラブルにも巻き込まれないためにも、基本的なことがあります。
こういったクレーマーへの対処法で重要なことがあります。

お詫びや同調・同意は絶対してはならない
こちらに非がなく、明らかに言いがかりだと思われるクレームへの対応で大事なのは、とにかく相手のペースに入らないことです。そのためにはお詫びの言葉や、相手への同調・同意は禁句。
クレームが入ると「大変申し訳ございませんでした」「おっしゃることはよくわかります」などといったセリフを反射的に使ってしまう人は要注意です。それによって「それは非を認めたってことだろ。だったらこっちの意向を受け入れるべきだろう」という展開になってしまったら向こうの思うつぼなのです。

クレームとクレーマーは違うということを認識し、対応に区別をする必要があるのです。

どう区別したらよいのか、ここが重要となるのです。

よく話を聞き、要求を的確に把握すること、

これが、クレーマー対策の基本と

クレーム対応の基本です。

要は、初期対応で選別する必要があるのです。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。