小児性犯罪者の対応

小児性犯罪者の対応

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。
この対応は日本のことではありません

オーストラリアのニューサウスウェールズ州では、子どもをターゲットとした性犯罪者に薬物を投与して化学的去勢をする”刑罰”の検討を始めた。
化学的去勢はすでに希望する受刑者に対して行われているという。今後は禁固刑に変わる刑罰になるかを検討する。

すでに行政、被害者グループ、警察、司法や医療のエキスパートたちから代表者が選ばれ、対策本部が組織されているという。

再犯率の高さに着目

我々が気にかけているのは子どもをターゲットとした性犯罪者の再犯率の高さだ。17%が2年以内に再び犯行に及んでいるとしたデーターがある。子どもを性犯罪者から守るために、あらゆる選択肢を検討すべきだと私は思う。

加害者の人権より被害者の人権又は背反を防ぐことが重要ではないかと思う。

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。
必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍