謝罪

謝罪
日本においては一般に、口頭であるいは文書で謝罪の言葉を述べる、頭を下げるなどの行為がとられることが多い。団体であればトップが謝罪する。個人的に謝罪する、証人をつれて謝罪する、謝罪内容を文書化する、謝罪を公表する、テレビで謝罪するなど種々の方法がある。また、金銭や物品によって謝罪の意を示し、解決を図ることもある。しかしこれらの行為のみでは根本的な問題の解決には至らず、相手の悪感情を軽減するに留まる。場合によっては、頭を丸めたり、謹慎したり、極端な場合、職を辞することもある。

私は、遺族が殺害されてしまったら謝罪はいらない。責任をとってほしいと思う。責任とは何かを考え責任をとってもらう。犯罪者の大半は責任をとっていない。
長崎県佐世保市の高1女子生徒殺害事件で、同級生だった加害少女(16)の元付添人弁護団は26日、少女が第3種(医療)少年院送致の保護処分の決定を受けた後、遺族に対する謝罪の意向を示していることを明らかにした。26日で事件から1年を迎えたのに合わせ、報道各社の質問に文書で答えた。

回答によると、少女はすでに医療少年院に移送された。元付添人らは今後も少女と面会を続け、更生の様子などを遺族側代理人を通じて遺族に報告する意向。少女からの謝罪の件も含めて、代理人と連絡を取り合っているという。