セクハラ 自ら示談交渉

セクハラ

Contents

自ら示談交渉
 最初に接触したとき、元巡査は女子大生の希望を男子学生に伝えている。それは「男子学生が休学すること」だった。しかし、男子学生にとって休学は簡単な選択肢ではないだろう。そう思った元巡査は休学の希望を伝え、「示談という選択もある」と提案した。
 その日は具体的な話はせず、そのまま別れ、5月下旬、再び話し合いの場が持たれた。今度は女子大生も交え、京都市内のショッピングモールで3人で面会した。このとき、男子学生が100万円を支払うことで示談とするよう持ちかけてきたという。2人は了承、示談金の支払期限は7月末までと決めた。
 問題は解決したかにみえた。しかし、示談金の支払いは口約束だったこともあり、元巡査は約束が履行されるのか不安になったのだろうか。7月末が近づくと、男子学生の携帯電話に支払い期日を確認するメールを十数回にわたって送信した。
 7月中旬になって、男子学生が支払いに困って親族に相談。親族は「警察官による恐喝ではないか」と思い、男子学生を伴って府警に相談し、ついに事態が明るみに出た。
セクハラの慰謝料100万円は高いか
 元巡査の行動に、どんな問題があったのだろうか。
 示談金の100万円という金額について、セクハラ問題に詳しい船橋恵子弁護士(京都弁護士会)は「セクハラの内容や被害者側の心身の状態によっても大きく異なるものの、100万円という示談金は一般的な示談の範囲内」と語る。
 代理人による示談交渉も一般的によくあること。今回も「彼氏」ということを明言しているため、元巡査が示談交渉に臨むことは問題はないようだ

セクハラ訴訟

現在、就職すること自体が難しくなってきているのが現状です。

一般的にセクハラとは職場等で行われる性的な嫌がらせのことです。特にその多くは男性上司が女性の部下に対し自らの立場を利用して行うものがほとんどです。

そして,不満を持っているのにも関わらず職場で噂がたったりすることを恐れて何もできずに泣き寝入りしている人がほとんどだと思います。

やっと就職先が見つかり希望や不安をもちながら も、やっと仕事に慣れた頃に、パワーハラスメント等を受けてしまって辞めたいと考え悩んでいる人が多くいま す。辛く苦しくても不景気だから辞められないという方は大勢いらっしゃるではないでしょうか? 仕事は生きていく上でも切っても切り離せないものです。

女性の職名明かす
宮城県大衡(おおひら)村の前村長(66)にセクハラを受けたとして、村の50代女性職員が前村長を相手取り1000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が、仙台地裁であった。跡部氏側は答弁書で請求棄却を求め、争う構えを見せた。

また裁判官が訴訟書類上での女性の氏名秘匿を依頼したのに対し、跡部氏側の弁護士が女性の職名を法廷で明言したうえで「難しいと思いますよ。もう出ている」と反発した。訴訟関係者によると、女性の氏名や職名は訴状に明記されているが、閲覧が制限されており一般人が知ることはできない。

職名が明かされたことについて、女性側の弁護士は法廷で「プライバシーの配慮が足りない」と批判。裁判官が重ねて秘匿を依頼し、跡部氏側弁護士は「分かりました」と述べた。

女性側の訴えによると、村長だった昨年4~9月、出張先や自宅などで10回以上女性に性的関係を強要し、食事の誘いや連絡を迫るメール約1300通を送ったとされる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。