セクハラ解決

市副議長が女性職員にセクハラ

政治家によるセクハラは非常に目につきます。政治家はたたかれやすい職業だからで、セクハラの被害はいたるところにあります。

一人で悩まず、私共にご相談頂ければ、必ずやあなたのお力になれます!秘密厳守も徹底しておりますので、安心してご相談ください。あらゆるネットワークを備え、どんなお悩みごと、問題ごとにも柔軟に対応し、解決させて頂きます。この状勢下、様々なお悩み事や問題事を抱えておられる方が近年増加しています。「だけど、どこに相談すればいいのか分からない」というのが気持ちもある事と思います。

 

栃木県小山市議会の角田良博副議長(66)が、市の女性職員の背中や腰を触るなどセクハラをした疑いがあるなどとして、市議4人は31日、政治倫理審査会の設置を求める請求書を議長に提出した。市議会側は9月8日までに設置し、事実確認を進める方針。

市議会関係者によるとセクハラ被害を訴えたのは50代の女性。代理人弁護士によると、6月29日夜、市議と市職員の懇親会で角田副議長は女性を隣に座らせ、背中や腰を触った上、顔を近づけたとされる。その様子を複数の市議が目撃したという。

また、懇親会後も電話で「俺の女になれ」などと発言。女性はその後、ストレスで病院に行き、不安障害と診断された。女性の希望により、8月17日付で職場を異動したという。

請求書を提出した市議の一人は「議会不信を防ぐためにも、政倫審ですべてを明らかにしたい」と話した。角田副議長は「そのような事実は誓ってない。懇親会で女性が隣に座ったことは一度もない」と否定している。

 

生きていく上で切っても切り離す事が出来ない”仕事”。そんな仕事上でトラブルが起こった際、一人で悩む必要なんてないんです。私たちが全力でサポートさせて頂きますのでご安心ください。人生の半分を費やす時間でもある仕事をより楽しくなる未来になるよう私たちにお任せ下さい!

必要に応じて、各種専門家も無料でご紹介いたします。