詐欺被害解決の基本的な考え方 岡山 倉敷 津山

詐欺被害解決の基本的な考え方

岡山 倉敷 津山
詐欺の認知件数は,平成14年から毎年大幅に増加し続け,17年に昭和35年以降で最多の8万5,596件を記録した後,平成18年から減少に転じ,22年は3万7,516件(前年比7,646件(16.9%)減)であった。検挙率は,9年から急激に低下し続け,16年には32.1%と戦後最低を記録したが,17年から上昇に転じ,22年は66.4%(同2.7pt上昇)であった。

近時の詐欺の急増要因の一つは,振り込め詐欺の多発にある。振り込め詐欺(恐喝)の認知件数,検挙件数及び被害総額の推移(最近5年間)は,1-1-2-8図のとおりである。平成21年には,認知件数及び被害総額は大きく減少(前年比でそれぞれ64.2%,65.3%減)する一方,検挙件数は増大(同28.8%増)し,検挙率も大きく上昇した。22年は,前年に引き続き,認知件数及び被害総額が減少(それぞれ同9.6%,14.3%減)し,検挙率はわずかに上昇(同0.9pt上昇)した。21年以降のこの傾向は,20年7月
に発表された「振り込め詐欺撲滅アクションプラン」等の各種対策の効果が現れたといえるが,なお引き続き,対策を継続する必要がある。またインタネットの普及により、「犯罪者の誰でも化」が進んでいる現状から考えるとインターネットを利用した詐欺は今後もっと被害件数が増えるものと考える。数十年前は対面の詐欺が主流を占めていたが現在では、対面せず詐欺を行うことが出来る為、罪悪感を感じず詐欺を重ねている輩もいる。

対策としては、普遍的詐欺「結婚詐欺」、市場動向的詐欺「振り込め詐欺」など個別な対応が必要となるが、すべての詐欺被害者の傾向としてコミニケーションで問題を抱えていたケースが多い。

詐欺を疑ってしまったら当社へ相談ください。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題、悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。