ケータイの利用実態

子どものケータイの利用実態

防犯のため、家族と連絡をとるために携帯電話はとても便利かもしれません。
親が思っている「家族と連絡をとるため」に子どもがケータイを利用する分には、何の問題もありません。
しかしながら、子どもたちがケータイに備わった機能をフル活用し、問題に巻き込まれるケースがたくさん発生しています。
お子さんが実際に使用しているケータイの機能や利用実態と親が思っている利用方法との相違がないか、親子で話し合ってみてください 。
お子さんの成長に合わせて、利用実態は変化していくので、話し合いは定期的に行いましょう。

携帯電話等の利用に関する実態調査

保護者は親との通話目的のために子どもにケータイを持たせていますが、実際に携帯電話を持った子どもの利用内容は、通話の利用は小学生でも6割にとどまり年齢が上がるにつれて通話の利用は減少していきます。一方でメールやサイトの閲覧、音楽のダウンロードなどインターネットに接続することで得られるサービスが全体的に割合を増していくことが分かります。
子どものケータイ利用つまり、親のケータイを持たせる目的と実際の子どもの利用形態が異なる場合が多いということです。
そして、携帯電話を所有している実に多くの子どもたちがケータイやパソコンで嫌な経験をしています。
お子さんは、ケータイやパソコンの利用で嫌な経験をしてはいませんか。

明確に、この調査をしてくださいと言えない場合でも、問題となっている以上対策を考えることが必要となってきます。その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。