年金基金横領 事件

年金基金横領 事件

起訴内容を認める ○○地裁初公判

○○県建設業厚生年金基金(○○市)で約24億円の使途不明金が生じた横領事件で、このうち計約1億9400万円を着服したとして業務上横領罪に問われている元事務長、○○○○被告(○○)の初公判が21日、長野地裁(○○○○裁判官)であった。○○被告は「(起訴内容に間違いは)ございません」と起訴内容を認めた。
検察側は冒頭陳述で、「遊興費に充てるために着服しようと考えた」と指摘。横領した現金は、ブランド品の購入○○自身が関与したクラブの運転資金○○交際女性に提供○○○○のクラブでの飲食費▽海外旅行○○に使ったとした。○○には2010年9月10日に逃亡したという。
検察側は、○○被告が24億円の着服を認めた供述調書を証拠として提出した。○○被告は、うつむき加減で冒頭陳述を聞いていた。
起訴状によると、○○被告は基金の事務長兼出納員として預金管理や運用委託先への送金などを担当。10年7月、基金の銀行口座から約1億3000万円を引き出し、うち約6400万円を着服。同年5、6月にも同じ口座から2回にわたり計約2億6600万円を引き出し、うち計約1億3000万円を着服したとされる。
○○被告は昨年11月、逃亡先の○○の首都バンコクで地元入管当局に不法滞在容疑で逮捕された。身柄引き渡しを受けた○○県警はこれまで、業務上横領容疑で計3回逮捕するなど捜査を続けている。

明確に、この調査をしてくださいと言えない場合でも、問題となっている以上対策を考えることが必要となってきます。その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。

横領・背任 従業員のトラブル解決なら

岡山の探偵アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099