体罰隠蔽、横行 

体罰隠蔽、横行

○○市への学校報告 外部調査で指摘
教師の体罰・暴力の実態を把握するため、○○市が委嘱した弁護士チームが昨年○○市立学校を調べた結果、一部の中学校で暴力を知りつつ○○市教委に報告しなかったり、調査せずに「教諭から聴取した」などとうそを伝えたりした疑いがあることが朝日新聞の取材でわかった。教諭をかばうため、虚偽の報告書を作った疑いも浮上。チームは○○市教委に再調査を求めた。

○○市立○○(○○)高校で一昨年発覚した暴力問題を機に、○○市が弁護士でつくる「外部監察チーム」に調査を依頼。チームは外部から情報が寄せられた小中高など計41校を調べ、24校で体罰・暴力を確認した。市教委は昨年12月にその調査概要のみを公表したが、隠蔽(いんぺい)などの疑いには触れなかった。
チームが作った報告書によると、ある中学のハンドボール部顧問が昨年4月以降に生徒を平手でたたいたり、ボールをぶつけたりしていた。顧問も「女子生徒数人や3年男子全員をたたいた」と認め、被害をうかがわせる生徒のアンケートも存在した。だが、校長は「指導の一環であり体罰ではない」として○○市教委に一切報告書を出していなかった。
組織があれば、このように隠ぺい体質は必ず生まれてくるもので、当たり前のことと思って対応すべきです。組織の中では対応できないような手法が、事実を知るのは必要となってきます。
そんな時には当社をご利用ください。あなたの力になります。

盗聴トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。目に見えない盗聴ですので非常に厄介です。盗聴でお困りの際は一度、現状把握調査をに依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。

岡山の探偵アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099