盗撮事件で無罪

盗撮事件で無罪

岡山 倉敷 津山

東京の盗撮事件で無罪「捜査員が調書虚偽の内容」 二審も違法認める

女性のスカートの中を盗撮しようとしたとして東京都迷惑防止条例違反罪に問われ、無罪が確定した横浜市の男性が都と国に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は17日、「取り調べで、捜査員が事実と違う虚偽の内容を調書に加えた」と違法捜査を認め、一審と同様、都に110万円の支払いを命じた。

判決によると、男性は2008年6月、都内の駅のエスカレーターで携帯電話の画像を見ていた際、女性から盗撮を疑われ、高輪署に任意同行された。捜査員は調書に「盗撮のアダルトビデオを見る趣味がある」「女性を見て劣情を催した」と虚偽の内容を加えた。

○○○○裁判長は「最も重要な証拠の一つである調書に虚偽の内容を加えたことで男性に多大な不利益を与えた」と指摘した。

男性は08年9月に在宅起訴され、東京簡裁で罰金30万円の有罪判決を受けたが、10年1月、東京高裁で逆転無罪となった。
このようなことが起こるのかとびっくりしました。なぜそのようなことまでして調書を作成したのかは分かりませんが、人のする事には間違いがあるということなのでしょう。

最近は袴田事件のこともあり2度とこのようなことは起きてほしくないと思いました。また、してないことはどんなことがあっても否認する強い意思を持つことが重要だと感じました。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

岡山の探偵アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099