いじめ認める

いじめ認める

マスコミはいじめで学校や教師の報道をしているが、私が考えるに親の対応が自殺要因の大半を占めていることを報道しないことに疑問を感じる。

自分の家族に相談しても何にもならない、学校や教師でも当然対応をとれない。当たり前のことです。

親なら自分の子供に責任を持つことが当たり前です。小園に対して親が責任を持たないことが自殺の原因のことが多いのが実情です。

またストレスに弱い遺伝子があるそうです。学校の責任より身内の責任を感じる方が、自殺現象の近道でしょう。
岩手県矢巾(やはば)町の中学2年、村松亮さん(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、村松さんが通っていた中学校は、近くまとめる調査報告書で、いじめを認める方針を固めた。これまでの調査で、多数のいじめの目撃証言があることなどから、村松さんに精神的苦痛を与えるいじめの行為があったと判断した。【宮城裕也、近藤綾加】
同校は、今月7日から全生徒445人を対象に、村松さんへのいじめについて尋ねるアンケートを実施。いじめを見聞きしたと回答した生徒のほか、同じクラスや運動部の生徒ら計約130人に詳細な聞き取り調査を行っている。教職員らの聞き取りも進めている。

関係者によると、アンケートでは、村松さんと同じクラスや運動部ではない生徒だけでも約60人が、いじめを見たり聞いたりしたと回答していた。村松さんが頭を机に押しつけられるような行為に関する記載もあった。さらに、聞き取り調査で、村松さんへの嫌がらせを認めた生徒がいたという。

いじめ防止対策推進法では「生徒が心身の苦痛を感じている行為」をいじめとしている。同校は、アンケートや教職員らの聞き取りなどから、村松さんに精神的な苦痛を与えていた可能性が高いとして、来週中にもまとめる報告書で、いじめを認める表現を盛り込む方針だ。ただし、いじめと自殺の因果関係については、関連はうかがえるものの、自殺の原因と断定するのは困難とみて、報告書では触れられない見通し。報告書には、いじめの経緯なども盛り込む方針で、細かな事実関係を精査している。