自殺の真相 自殺の原因解明

自殺の真相 自殺の原因解明

家族トラブルは、避けては通れない事も多々あるのが現状です。しかし家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうかそんな。お悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。岡山の探偵アンバサダー調査事務所岡山では、宗教トラブル、結婚詐欺、いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。

自殺とは

自殺とは、自らの意志により、自身の命を断つことをいう。自害、自死、自決ともいう。死に至らなかった場合は自殺未遂という。また、恋人、配偶者、子どもなどを道連れにすることは心中という。

現在、自殺は法的には犯罪とはされていない。しかし、飛び込み自殺などにより、第三者に被害が発生した場合には、刑事手続上は重過失致死などの罪により自殺した者は被疑者死亡で送検され、民事上は自殺した者の遺族に対して損害賠償責任が発生する。また、他人を自殺させること、自殺を援助することは自殺関与罪(刑法第202条)の犯罪とされる。

尚、単独の自殺未遂は現在の日本の刑法では刑罰に科せられることはないが、複数で行った場合は相互に処罰される(自殺関与・同意殺人罪)。ガス自殺など他者に危険を及ぼした場合は被害がなくても未遂も処罰される。

自殺原因

金銭問題、家庭問題、人間関係問題、いじめなど様々であるが、逃げ場を失って自殺を選ぶケースが多く社会問題に発展するケースもある。

いじめ「虐め」による自殺は人権問題ととらえるべきで、対応も毅然とした態度で関係機関に出向く必要があるが、その様な場合証拠が重要であるが個人で証拠をそろえることは大変困難なことが実情である。

被害届を出そうとしても受け付けてもらえないのは、あなたの主張を裏ずける根拠がない場合が多く警察が悪いのではなく、問題は届をする貴方にあるのです。

子供の自殺の裏には「いじめ」あり

昨年10月、同級生からいじめを受けていた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自宅マンションから飛び降り自殺した問題で、学校が全校生徒に実施したアンケートに対し、15人の生徒が「自殺の練習をさせられていた」と回答していたことが3日、関係者への取材で分かった。市教委は昨年11月の記者会見でこの事実を明らかにしていなかった。

15人の生徒が回答

「死んだスズメを口の中に入れろと言われていた」「昼休みに毎日自殺の練習をさせられていた」男子生徒の両親が今年2月、市や加害生徒3人と保護者を相手取り、約7720万円の損害賠償を求めて大津地裁に提訴。5月の第1回口頭弁論で市はいじめがあったと認めたが、「いじめを苦にしての自殺と断じることはできない」と主張していた。両親の代理人はアンケートの回答について、17日に開かれる第2回口頭弁論に提出する準備書面で主張する。

アンケートは男子生徒の自殺後にいじめについて実施し、約320人が回答した。15人の生徒は「自殺の練習とか、トイレで殴られていたとか、死んだスズメを口の中に入れろと言われていた」「何回も自殺の練習をさせられていた。先生に相談したけど何もしてくれなかった」などと回答。「昼休みに毎日自殺の練習をさせられていた」「がんの友達に自分の命をあげるなどと言っていたらしい」との回答もあった。

また、13人が「友達なのにお金を恐喝されていた」「脅して銀行の番号を聞き出し、その銀行からとったお金を使っていた」と回答、15人が「万引きを強要されていた」と書いた。

男子生徒は昨年10月11日朝、自宅マンション敷地内で倒れているのが発見され、滋賀県警大津署が自殺と断定した。学校側は当初「いじめは把握していない」としていたが、全校生徒へのアンケートでいじめの事実が判明した。

これまでに明らかになったのは、「ヘッドロックをかける」「トレーニングと称して押さえ込む」「毎日のようにズボンをずらす」「蜂の死骸を食べさせようとする」などで、担任が目撃していたが、軽い注意にとどまっていた。

この様に、自殺で子供を失ってしまったら自殺の真相を追及するぐらいしか残されたものにはできることがありません。自殺の真相を追求することで感情をコントロールし、前向きな人生を歩んでいただきたいと思います。

 

自殺の真相解明なら

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

岡山県 岡山市 倉敷市 津山市

浮気調査 岡山  夫 浮気調査  妻 浮気調査  盗聴調査   電磁波測定