ストーカー事件 ストーカー殺人事件

ストーカー事件 ストーカー殺人事件

 現在では、定期的にニュースなどで耳にするストーカー殺人事件ですが、ストーカーという言葉が使われ始めてから、他の殺人事件とは異質の事件として現代の殺人事件とのイメージがありますが、ストーカー殺人事件は戦前から発生していた殺人事件なのです。
そこで。過去の事件を振り返ってみました。

昭和6年
○○県の路上にて、男(○○)が下校中の女子高生(○○)を日本刀で首を切って殺害。想いを寄せていたが相手にされないことを逆恨みしての犯行。

昭和12年
○○のA商店に早朝4時に、向かいのB商店の従業員(○○)が押し入り日本刀で10数回切りつけ三週間のけがを負わせ店に放火。以前A商店に勤めていた女性に脅迫して交際を迫ったが女性は店を変わってしまい、
そのことを被害者のせいだと思っての犯行。

昭和19年
○○○○県の友人宅で(○○)男子学生が友人男子学生(○○)を殺害して、友人の祖父も祖母も殺害し母親に重傷を負わせ放火。同性愛の末、離れて祖父母と住みだした友人との遠距離恋愛に悩み殺害を決行した。

昭和22年
○○県の隣家の次女に結婚を申し込んだが断られた男(○○)が、その家族にも冷たくされたと恨んで次女の
父親(○○)と次男(○○)を殺害。

 このように ストーカー事件はずいぶん前から起こっていました。ストーカーの大半が異性への固執により事件を起こしています。

 ストーカーへの対応は警察が李のではありません。自分の身は自分で守る当たり前のことです

ストーカー対策は実績のある探偵社に相談ください。

「お悩み相談」、のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。