いじめ原因の休学

いじめ原因の休学

在学中にいじめを受け休学を余儀なくされたとして、○○県○○市の市立中学校に通っていた少年(18)と両親が、元同級生3人と両親を相手に計約975万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、○○地裁(○○○○裁判官)は5日、元同級生3人に計約205万円を支払うよう命じた。
○○裁判官は「悪ふざけやからかいの限度を明らかに超えており、人格権や身体に対する違法な侵害行為だ」と判断。少年が精神的に大きな打撃を受け、休学を余儀なくされたと認定した。
ただ、元同級生の両親の監督義務については「具体的に予測することは困難だった」と述べ、請求を退けた。
○○市で2011年10月、いじめを受けていた中学2年男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、○○県教育委員会が担任だった男性教諭(41)を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分としたことを受け、生徒の父親(47)は17日、「いじめへの不適切な対応を考えると、処分はあまりにも軽い」とのコメントを、代理人を通じて発表した。
父親は、男子生徒の自殺直後、学校と大津市教委がいじめの存在を認めていたことを挙げ、「(教諭の)いじめへの対応が不適切だったことは明らかで、すぐに責任を問うことができたのに、なぜ1年半も必要だったのか」と批判した。その上で、「教員はいじめに関する研修や教育を重ねた専門職だ。気付かなかったでは済まされないということを、全ての教育関係者に訴えたい」とした。
この様に、事後の対応では被害者の感情を逆なでする程度のことしか得られることはありません。今対応することが重要です。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。