高齢者虐待 解決

高齢者虐待

虐待とは、自分の保護下にある者人、動物等に対し、長期間にわたって暴力をふるったり、日常的にいやがらせや無視をするなどの行為を行うことを言う。

高齢者の虐待は施設内で怒ったことは、表に出ることは少なく表面化してしまう事はごくわずかである。家族がいれば発覚することもあるが、家族もいない人の場合内部告発以外外部に知らせることはできないのが現状です。

子供の虐待同様、高齢者の虐待は今後問題は多く出てくると思われます。

1510施設で高齢者虐待の疑い 2012年以降で調査
全国の介護施設や療養型病院のうち少なくとも1510施設で、2012年以降の3年間に高齢者への虐待があったり、虐待の疑いがあったりしたことが、厚生労働省の補助を受けたNPO法人の調査でわかった。調査に回答した施設の2割弱にあたる。人手不足の施設ほど虐待が多い傾向もみられた。

調査したのは、NPO法人・全国抑制廃止研究会(吉岡充理事長)。今年1~2月、全国の3万5278施設に郵送で行い、施設名を出さない前提で、虐待に関しては8988施設から回答があった。

このうち461施設が「虐待があった」、1049施設が「あったと思う」と答えた。虐待を受けたり、受けたとみられる高齢者数を聞いたところ、計2203人になった。