不当要求

不当要求

不当要求の理由

要求するには何らかの理由があります。要求に至った経緯は十分に精査する必要があります。

市職員の不当要求問題で市職員が右翼関係者と人事異動の希望を通すよう乱暴な言動を伴って要求した問題で、市長は定例会見で、この職員を処分せず、問題を公表しなかった対応を「私を含めて市として適切に判断しており、問題はない」との認識を示した。

情報公開請求を受けた後に、市が関連公文書を廃棄した可能性があることも含め、「経緯を調査する考えはない」とした。

市の決裁文書では同問題を不当要求とし、「暴力、乱暴な言動などを伴う行為」に分類していた。市長は不当要求かどうか、最終的に判断していないと説明した。 異動を要求した女性職員(当時)を処分しなかった理由として「他の男性職員2人からセクハラ被害を受けたと訴えた」ことを上げた。双方の言い分が異なり、刑事裁判に発展したため「判決の結果を見守っていた」という。女性職員は判決前に依願退職し、裁判では1人が有罪、1人が無罪になった。

ただ関係者によると、要求時の言動を問題視して、女性の退職前に処分を求める声が庁内で上がったという。市長は「当時さまざまな議論をしたが、処分はできなかった」と答えた。
市長は不当要求は正当な理由なく要求するのが一つの類型とし、セクハラが正当な理由になり得るという認識を示した。一方、右翼関係者の乱暴な言動についての評価は明らかにしなかった。

 

岡山県内の探偵調査、興信所の利用はアンバサダー調査事務所にお任せください。明朗会計で安心価格の地域密着型、トラブルの解決力も魅力の他社にはないサポートが魅力!
警察OB在籍のアンバサダー調査地所は、他社では断られた案件も諦めずにお問い合わせください。
お問い合わせは無料です。
お問い合わせ086-226-1099