DVトラブル対応

DVトラブル対応

DVの対応は事実を確認しないといけないと思ったケースがありました。DVの事実は無く浮気をして知り合いの医師に診断書を書いてもらっいぇいたケースや、DVシェルターに駆け込んで家をでて、浮気し放題だったケースもありますDVの対応は事実を確認しないといけないと思ったケースがありました。

 

ただ弱者を演じただけのこのようなケースに出くわすことがあります。離婚したいならもっと人道的な対応を考えないと後が大変です。

浮気を隠すために、DVシェルターを利用した女性がいます。その女性は浮気相手と会うためにDVシェルターを利用し幼い子供二人を残しラブホテルに入り浸りという調査がありました。

警官DVの無断伝達

京都府警が、下鴨署の元巡査部長 依願退職の妻からDVの被害届が出ていることを無断で夫に伝えた問題で、元妻が府に550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、京都地裁であった。神山隆一裁判長は「伝達行為の一部は正当な理由がなかった」として25万円の支払いを命じた。
判決によると、元妻は2010年7月、DVでけがをしたとして右京署に被害届を提出。同署は下鴨署に連絡し、その後、元巡査部長の親族から元妻に、取り下げるよう電話があった。
同裁判長は、下鴨署の直属の上司がした元巡査部長への電話連絡について、「適切な手順を踏んでおらず、妻への加害防止措置も講じていなかった」として違法と認定。一方、元巡査部長への事情聴取などは、人事管理上の必要があったと判断した。