DV対策・対応 浮気の悩み解決 

DV対策 浮気の悩み解決 DV対応

ドメスティックバイオレンス

同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことである。近年ではDVの概念は婚姻の有無を問わず、元夫婦や恋人など近親者間に起こる暴力全般を指す場合もある。
暴力・虐待行為の現場に子供が居合わせることがある。子供に暴力を見せつけることも、被害者と子供双方に対する虐待である。

子供のいる家庭で暴力事件が発生した場合、約七割の家庭で虐待を受ける父親または母親を子供が目撃し、さらに、その三割が、実際に父親または母親などからの暴力を受けていることが報告されている。

転居先を誤交付 DV被害者の住所

ドメスティックバイオレンス(DV)被害を受け、市外に転居した女性の居住先が記載されている所得・課税証明書を、誤って加害者の男性に交付したと公表した。

同市によると、住民票などを発行する住民記録システム上は、女性がDV支援措置を申し出た転居先自治体からの通報により、証明書類の発行を禁止する措置が取られていた。ただ、課税証明のシステムは住民記録システムとつながっておらず、禁止措置は取られていなかった。
市の運用マニュアル上は、課税証明発行の際にも住民記録システムを照会することになっており、窓口の職員らが確認を怠ったことが原因という。
誤交付の時期は、被害者の特定を避けるため、今年度の早い時期とだけ明かした。女性は既に別の住所へ転居済みで、実害はないという。市は慰謝料と転居費用として女性に約77万円を支払った。