新しい いじめツール

新しい いじめツール

LINEをいじめツールとして活用している現状である。直接本人と対する必要がないため安易に他人を誹謗中傷できる。また LINEを活用した犯罪もここ最近多い。生活に便利なものは犯罪に利用するのも便利なのでしょう。

LINEいじめで連続自殺

子供だけでないいじめ自殺

インターネットの普及で犯罪も簡単にできるようになった。そしていじめも簡単にできる。ラインや掲示板などに悪口を書き込むだけで自宅に居ながら簡単にできるいじめ、しかし掲示板に自慢するななどと書き込みされいじめととらえる人もいる。批判をすればいじめとする考え方もあるのだが

批判したら「いじめ」と、とられるならだれともかかわれないと思うのは私だけでしょうか。

栃木県の南西部に位置する佐野市の中心部から車で30分ほど行ったところに、白い鉄筋コンクリート造りの小学校の校舎がある。山が間近に迫り、田畑が広がるのどかな一帯には、昼間は子供たちの遊ぶ声が響く。児童は一学年10~15人程度で、全校でも70人ちょっとという小学校だ。

そんな小さな学校を揺るがす“事件”が今年の4月、立て続けに起きた。1週間の間に、在籍する児童の母親2人が相次いで自殺したのだ。発端は4月16日、小4の娘を持つA子さんが亡くなったことだった。

「A子さんが首を吊っているのを見つけたのは娘さんでした。娘さんは特殊学級に通っていて、本当にかわいらしい子。その子が自分で救急車を呼びました。だけど、A子さんの家は山の中腹にあり、道も細く、救急車が道に迷ってしまった。娘さんは泣きじゃくりながら家の下の大きな道路まで下りてきて、救急車を待っていました」